日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

総合誌&専門メディア 編集長100人

池上彰×ピケティの対談話題に 週刊ダイヤモンド編集長が語るヒット企画

『週刊ダイヤモンド』 田中博編集長

緻密な取材力と企画力で、時代を捉える経済誌・ビジネス誌。ビジネスパーソンが主な購読者で、パブリシティ効果も高いと広報から熱視線を浴びる一方、機密性の高い情報をスクープされたりと、時に手強い相手にもなりうる。本特集では、特に注目を集める5誌の編集長が、広報とメディアの理想的な関係について語ります。

ダイヤモンド社 『週刊ダイヤモンド』編集長 田中 博氏(たなか・ひろし)
1965年福岡県生まれ。1988年上智大学卒業。1993年米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院修了。コンサルティング会社、新聞社勤務などを経て、2001年ダイヤモンド社入社、2004年副編集長。2014年より現職。金融業界、建設業界、不動産業界などを担当。

    信頼できる広報は
    「社内取材力」のある人

    広報を通さず取材をする機会も多いのですが、正攻法で情報を得られる、広報との付き合いは大事にしたいと考えています。やはり広報はその企業の顔ですから、対応次第でイメージは大きく変わります。信頼できる広報は、社内にネットワークをたくさん持っていて、我々と同じように社内を取材できる人。情報を持った上で、知らないことは「知らない」、間違っていることは「間違っている」と言ってもらえると信頼ができます。

企業の「意思決定者」に届けたい

1913年創刊の『週刊ダイヤモンド』は、2014年4月、田中博編集長就任と共に編集方針を再定義。それまで40代以上の管理職がコアターゲットだったが、経営の中核を担う“意思決定者”及び、意思決定に関わる人にシフトチェンジした。

「年齢で区切ると40~50代かもしれません、ITベンチャーなら20代も含まれるでしょう。人口減少でビジネス市場はシュリンクしていますが、社会の基盤を担う、『情報に対価を支払いたい』という層は決していなくならない。こういった層をコアターゲットとして、情報を届けたいんです」と田中編集長は語る。

新たなターゲットを見据え、内容も見直した。経済誌としては意外かもしれないが、一時期は、特集テーマの中で、健康や老後、教育問題やお金回りといった個人の生活にすぐに役立つライフスタイル系の話題が、3〜4割を占めるまでになっていた。しかし、「より経営の意志決定に役立つ情報を届けるべき」という、当初の編集方針に立ち返り、企業、産業、経済に関するテーマを大きな柱としている。

「身近な話題に関する特集を組むときでも、その背景にある社会、経済の裏側を解説するようにしています」。

鮮度と「独自性」にこだわり

    ニュースの鮮度を重視。
    特集は短いスパンで決めます

    ニュースの締め切りは木曜まで、特集はだいたい水曜日ぐらいが最終です。特集は4~6週間かけてつくりますが、鮮度を重視するため、ロングスパンで先のテーマを決め込むことはしていません。社会的な事象を受けて変更することもしばしばで、例えば「米中発!金融パニック」(9月12日号)はもっと先のタイミングで考えていたのですが、株式市場が大荒れになったこのタイミングで予定を数週間繰り上げました。

編集部は32人体制。田中編集長以下 …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

総合誌&専門メディア 編集長100人 の記事一覧

『日刊鉄鋼新聞』が注目するのは業界キーマンの考え
『日刊自動車新聞』の最近のヒット企画は「自動車産業戦略2014」
男性誌『LEON』は提案でなく共感を前提とした企画を組む
『輸送経済』は物流各社が発信する新しいビジネスモデルを伝える
物流現場でのロボットテクノロジーやIoTの活用事例に注目する『物流ウィークリー』
自分プロデュース応援マガジン『Ray』の人気企画はほぼ毎号の着回し特集
『MORE』の編集方針は「半歩先」「共感」&「読者を幸せに」
『日経WOMAN』は働く女性の24時間すべてにかかわることに注目
『mer』の最大の特徴は読者同士、merと読者の結びつきの強さ
『ニッキン』が注目しているのは、日本再興戦略における金融界の役割と動向
『VERY』は子育て不安を解消できるような前向きな企画を発信
『投資経済』の最近のヒット企画は「中国経済」「インバウンド」
来年で創刊111周年を迎える『婦人画報』の読者ターゲットは知性豊かな富裕層女性
『美的』が注力したいのは、読者のデジタルライフに絡む企画
PRに来たはずが9割自分語り?編集長が出会った残念な広報
『BAILA』が提案するのは「知的で、媚びない、でも大人の可愛げがある」女性像
『繊研新聞』が今後力を入れたい企画・ジャンルとは?
『dancyu』の創刊当時から変わらない編集方針は「食こそエンタテインメント」
JKのためのライフスタイル総合誌『Seventeen』の注力ジャンルとは?
調べるのが大変なデータを理解し使えるように発信する『月刊ダイヤモンド・ザイ』
「あの新聞のテイストで…」広報が記者に一番言ってはいけないこととは
『住宅新報』が注目するのは国土交通省の動き
40代女性がターゲット 『STORY』今後の注力テーマとは?
広報が記者に放った「捨て台詞」とは? 編集長が出会った残念な広報
新しい「生き方のカタログ」に クーリエ・ジャポン編集長
創刊22周年を迎えた『Zipper』が取り組みたいテーマはインバウンドやローカライズ
中間管理職クラスのビジネスパーソンに実践的なアドバイスを提供する『THE21』
『日刊建設工業新聞』が今後注力するテーマは入職者が増える環境づくり
『GetNavi』の編集方針は、読者が試せないことを編集部が分かりやすく紹介する
電力・ガス業界の変貌に注目する『ガスエネルギー新聞』
北陸で何が今一番アツいのかを発信する情報誌『月刊Clubism』
NewsPicksやYahoo!ニュースとのコラボが話題 AERA編集長に聞くヒット企画
グローバル化や貧困化にどう対応する?『月刊Wedge』は日本の抱える根本的な問題に注力していく
今までにないような企画で悪目立ちして差別化を!『月刊CLASSY.』の編集方針とは?
「贅沢」と「日常」を織り交ぜたリアリティを提案する『OCEANS』
マイナンバー特集がヒット 専門家と編集部の知力を結集する週刊エコノミスト
主婦に向けた等身大の美容・ファッション企画を!『ESSE』の今後の編集方針とは?
嫁入り前の女性に色気を磨ける方法を提案する『ar』
池上彰×ピケティの対談話題に 週刊ダイヤモンド編集長が語るヒット企画(この記事です)
日経ビジネス編集長に聞く 「記者を『公平』に扱わないで」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する