日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

総合誌&専門メディア 編集長100人

調べるのが大変なデータを理解し使えるように発信する『月刊ダイヤモンド・ザイ』

発行部数が多く、年齢や嗜好性などがターゲティングされた購読者層を持つ生活・実用・ファッション誌。主にBtoCの商品・ブランド・サービスの広報が中心となるが、時には記事体広告も含め読者にライフスタイルを提示する場となる。読者に新たな世界観を提案し続ける編集長が今、注目しているテーマとは?「広報に求められる力」についても聞いてみました。

月刊ダイヤモンド・ザイ
ダイヤモンド社

2000年3月/21万部

Q1:読者ターゲット・編集方針を教えて下さい。

男女を問わず30代から70代まで幅広い年齢層をターゲットにしており、実際の平均年齢は48歳、最も多い年齢は41歳。難しいマネーの内容を図、イラスト、マンガを使って分かりやすく解説しつつ、読者が調べるのが大変なデータを網羅することで読むだけでなく、「理解し使える雑誌」を目指しています。

Q2:今後力を入れたい企画・ジャンルは?

これまでは日本株の買い方が中心でしたが、今後は投資信託や米国株にも注力。また、NISA(少額投資非課税制度)や税制、マイナンバーへの対応など制度面の紹介や使い方に加え、投資だけに留まらず、ふるさと納税や低コストでの海外旅行術、クレジットカード選びなど幅広いお金の分野にまで対象を広げます。

Q3:最近ヒットした企画・特集を教えて下さい

(1)高分配利回りの投信100本の激辛採点簿(10月号)

(2)元本保証で配当ありの新トヨタ株の買い方(8月号)

Q4:広報担当者にはどのような力が求められると思いますか?

・分かりやすいリリース

・FAXからメールへの移行

・写真などの質のアップ

FAXで送られてくるリリースが多く紙のムダは計り知れない。メールでのリリースへの移行を強く望みます。また、リリースの中には10ページ以上というものもあり、読むのも一苦労。簡潔で分かりやすいリリースを期待します。最後に、誌面への掲載用の写真を借りることが多いのですが、解像度が低すぎて使えないことも多々あります。こうした効率と効果のアップにつながるシステムづくりのスキルが重要だと思います。

    情報受付窓口

    ➡ メール希望

編集長 神門 学(かんど・まなぶ)

慶應義塾大学法学部卒。1989年4月入社。編集局などを経て1999年4月に新事業準備室に異動、ザイの創刊メンバーに。その後ザイ編集部で株データブック、ダイヤモンド・マネーなどの創刊に携わり2011年4月現職。

DIME
小学館

1986年4月/12万部

Q1:読者ターゲット・編集方針を教えて下さい。

「ビジネスマンの心技体を鍛えるトレンドマガジン」の通り …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

総合誌&専門メディア 編集長100人 の記事一覧

『日刊鉄鋼新聞』が注目するのは業界キーマンの考え
『日刊自動車新聞』の最近のヒット企画は「自動車産業戦略2014」
男性誌『LEON』は提案でなく共感を前提とした企画を組む
『輸送経済』は物流各社が発信する新しいビジネスモデルを伝える
物流現場でのロボットテクノロジーやIoTの活用事例に注目する『物流ウィークリー』
自分プロデュース応援マガジン『Ray』の人気企画はほぼ毎号の着回し特集
『MORE』の編集方針は「半歩先」「共感」&「読者を幸せに」
『日経WOMAN』は働く女性の24時間すべてにかかわることに注目
『mer』の最大の特徴は読者同士、merと読者の結びつきの強さ
『ニッキン』が注目しているのは、日本再興戦略における金融界の役割と動向
『VERY』は子育て不安を解消できるような前向きな企画を発信
『投資経済』の最近のヒット企画は「中国経済」「インバウンド」
来年で創刊111周年を迎える『婦人画報』の読者ターゲットは知性豊かな富裕層女性
『美的』が注力したいのは、読者のデジタルライフに絡む企画
PRに来たはずが9割自分語り?編集長が出会った残念な広報
『BAILA』が提案するのは「知的で、媚びない、でも大人の可愛げがある」女性像
『繊研新聞』が今後力を入れたい企画・ジャンルとは?
『dancyu』の創刊当時から変わらない編集方針は「食こそエンタテインメント」
JKのためのライフスタイル総合誌『Seventeen』の注力ジャンルとは?
調べるのが大変なデータを理解し使えるように発信する『月刊ダイヤモンド・ザイ』(この記事です)
「あの新聞のテイストで…」広報が記者に一番言ってはいけないこととは
『住宅新報』が注目するのは国土交通省の動き
40代女性がターゲット 『STORY』今後の注力テーマとは?
広報が記者に放った「捨て台詞」とは? 編集長が出会った残念な広報
新しい「生き方のカタログ」に クーリエ・ジャポン編集長
創刊22周年を迎えた『Zipper』が取り組みたいテーマはインバウンドやローカライズ
中間管理職クラスのビジネスパーソンに実践的なアドバイスを提供する『THE21』
『日刊建設工業新聞』が今後注力するテーマは入職者が増える環境づくり
『GetNavi』の編集方針は、読者が試せないことを編集部が分かりやすく紹介する
電力・ガス業界の変貌に注目する『ガスエネルギー新聞』
北陸で何が今一番アツいのかを発信する情報誌『月刊Clubism』
NewsPicksやYahoo!ニュースとのコラボが話題 AERA編集長に聞くヒット企画
グローバル化や貧困化にどう対応する?『月刊Wedge』は日本の抱える根本的な問題に注力していく
今までにないような企画で悪目立ちして差別化を!『月刊CLASSY.』の編集方針とは?
「贅沢」と「日常」を織り交ぜたリアリティを提案する『OCEANS』
マイナンバー特集がヒット 専門家と編集部の知力を結集する週刊エコノミスト
主婦に向けた等身大の美容・ファッション企画を!『ESSE』の今後の編集方針とは?
嫁入り前の女性に色気を磨ける方法を提案する『ar』
池上彰×ピケティの対談話題に 週刊ダイヤモンド編集長が語るヒット企画
日経ビジネス編集長に聞く 「記者を『公平』に扱わないで」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する