日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアリレーションズ大特集

ハプニングも怖くない。すべてのメディアが満足なイベントのつくり方

編集部レポート

記者発表会や会見など、多くのメディアを同時に集めて行うイベントの場は、広報担当者の腕の見せどころ。臨機応変かつスピーディに対応することが求められるが、時にハプニングが起こるのも日常茶飯事。メディアを満足させるイベントのポイントとは。

報道受付

072_02.jpg

会場の入り口に設置する報道受付はイベントの顔。席の確保のために急ぐメディアも多いので、素早い対応を。来場したメディアには名刺をもらって来場者としてチェック。名刺を忘れたメディア用に芳名帳も準備しておくこと。特にテレビメディアはクルーで来場し代表者のみが受付を済ませる場合も多いため、人数のチェックをした方が良い。当日の流れが分かる資料も受付時に配布する。

お土産配布

072_03.jpg

お土産がある場合には、メディアが帰る際に渡すのが基本。すぐに配れるようにスタンバイしておくこと。受付時に渡す場合もあるが、荷物になるため、なるべく帰りのタイミングで渡した方が良い。新商品など製品をお土産として渡す場合には、必ず問い合わせ先を明記した説明資料を付けておくこと。あまり重くてかさばるものは後日郵送などとし、手渡しで配るお土産は軽くて荷物にならないものが良い。

テレビカメラマンエリア

072_04.jpg

テレビカメラは立って撮影するもので、カメラも大きいことから会場の後方にエリアを設けるのが基本。撮影位置がものを言うことから、先着順で整理券や番号札を配布し、混乱を避ける必要がある。テレビメディアが現場にかついでくるカメラは一般的に「ENGカメラ」と呼ばれる。

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアリレーションズ大特集 の記事一覧

記者との関係づくり、重要なのは「情報の質」に尽きる
自社にマイナスの記事が露出。その時広報はクレームを入れるべきか?
言い方次第で広報の無能さを露呈。スマートなクレームの入れ方とは?
「めざましテレビ」チーフプロデューサーが語る、魅力的なオフィスとは
あなたは記者とつながる派?SNSあるある事件簿
記者が心惹かれる広報イチ押しの接待場所
ハプニングも怖くない。すべてのメディアが満足なイベントのつくり方(この記事です)
チャペルに銭湯、博物館。記者の気持ちをアゲる発表会の場
広報を信じる記者を裏切れない、その気持ちが原点
「3秒で返信」のツワモノも。人脈獲得の小技テクニックを大公開
エステーの「消臭力」を支える、「消臭を絵で見せる」研究施設
「LINE躍進の鍵はユーザー行動のリサーチにあり」と言わしめたLINE本社内の施設とは?
「タイトルが9割」、2秒でメディアを誘惑する言葉
「ムヒ」開発の裏に、1匹60円の蚊ーわが社のとっておきの場所(4)
滑っても味になればOK、「日本一の嫌われ芸人」NON STYLEの発信術
「あまちゃん」で注目度アップ、三鉄の車両基地 見学ツアー
王道からやっかい系まで...タイプ別メディアの取り扱い方
美人広報のどぶ板営業、その工夫とアイデア
美人広報のどぶ板営業、メディアキャラバンの1日に密着
鮮やかなサリーでお出迎え、コンシェルジュ付き沖電気の社食ーわが社のとっておきの場所(2)
東京タワーの電球交換、高所作業の迫力ある映像がメディアの人気にーわが社のとっておきの場所(1)
OK/NGの境界線は?メディアに可愛がられる秘訣
元サッカー日本代表 宮本恒靖さんが語る、メディアを味方につける自己演出法

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する