日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアリレーションズ大特集

滑っても味になればOK、「日本一の嫌われ芸人」NON STYLEの発信術

NON STYLE(お笑い芸人 石田明・井上裕介)

033_01.jpg

NON STYLE(のんすたいる)お笑い芸人
石田明と井上裕介の2人による漫才コンビ。所属事務所は吉本興業東京本部。2000年5月14日に結成し、オーディションを受けてbaseよしもとに入る。爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。2008年M-1グランプリ王者。
所属する吉本興業東京本部の中庭にて。撮影時、井上さん(右)はハマり中の「あまちゃん」トークに夢中。あくまで自然体なのも持ち味だ。

普通じゃない感をいかに出すか

漫才の頂点を決める「M-1グランプリ」で2008年、グランプリ王者に輝き、一気にスターダムを駆け上がった吉本興業所属のお笑いコンビ「NONSTYLE」。多くのレギュラー番組を経験し、CMにも多数出演、企業の記者発表会などにもゲストとして呼ばれる機会の多い彼らに、“NON STYLE流”メディアやファンとのコミュニケーションについて聞いた。

「単純に“良い人”として振る舞って記憶に残らないなら、悪い人と思われても記憶に残す方が大切だと思っています」と話す、ツッコミ担当の井上裕介さん。「よしもとブサイクランキング」で、2年連続首位に輝いた自他ともに認める「嫌われキャラ」が売りだ。ブログやツイッターでの炎上は日常茶飯事。だが当の本人は笑顔で自信満々、この逆境に屈する様子は微塵もない。「僕らの仕事は、相手の記憶に残ってなんぼ。たとえばテレビ出演の時も、滑っていても記憶に残っていればそれは勝ち。“普通じゃないよ”っていう演じ方をすることが大切なんです」。

時に“日本一嫌われている芸能人”と称されることも多い井上さんだが、それも「記憶に残す技」の結果。ただし「嫌われ度合」のバランスは慎重に見極める。「正直なところ、僕は記憶に残すということでは上手な方だと思っています。気を付けているのは、人によって接し方を変えること。要はアクセルの問題です。ちょっと失礼なことを言っても大丈夫そうなタイプの人ならアクセルを踏み込むし、そうでなければ慎重に。嫌われるのは(キャラになるので)良いですが、嫌われ過ぎると良くない。そのさじ加減が難しいところですね」。

一方、相方の石田明さんは「僕はその逆で、結構“素”のまんまなんです」と一言。「実は自分の見せ方とかキャラはあんまり考えてなくて。メディアに向けても、特に“こうしよう”とか相方(井上さん)ほどは考えていないですね」。

企業の記者発表会などにゲストとして招かれることも多い彼らだが、心がけているのは「誰ひとり笑わないものと思って舞台に立つこと」と井上さん。「若い頃は記者会見もお笑いの舞台と同じように捉えていて、笑わせなきゃいけないと思っていました。それこそ、ドリームが掴める場くらいに考えていたのですが、そういう場ではないんだなって、このキャリアになって分かるようになりました」。

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアリレーションズ大特集 の記事一覧

記者との関係づくり、重要なのは「情報の質」に尽きる
自社にマイナスの記事が露出。その時広報はクレームを入れるべきか?
言い方次第で広報の無能さを露呈。スマートなクレームの入れ方とは?
「めざましテレビ」チーフプロデューサーが語る、魅力的なオフィスとは
あなたは記者とつながる派?SNSあるある事件簿
記者が心惹かれる広報イチ押しの接待場所
ハプニングも怖くない。すべてのメディアが満足なイベントのつくり方
チャペルに銭湯、博物館。記者の気持ちをアゲる発表会の場
広報を信じる記者を裏切れない、その気持ちが原点
「3秒で返信」のツワモノも。人脈獲得の小技テクニックを大公開
エステーの「消臭力」を支える、「消臭を絵で見せる」研究施設
「LINE躍進の鍵はユーザー行動のリサーチにあり」と言わしめたLINE本社内の施設とは?
「タイトルが9割」、2秒でメディアを誘惑する言葉
「ムヒ」開発の裏に、1匹60円の蚊ーわが社のとっておきの場所(4)
滑っても味になればOK、「日本一の嫌われ芸人」NON STYLEの発信術(この記事です)
「あまちゃん」で注目度アップ、三鉄の車両基地 見学ツアー
王道からやっかい系まで...タイプ別メディアの取り扱い方
美人広報のどぶ板営業、その工夫とアイデア
美人広報のどぶ板営業、メディアキャラバンの1日に密着
鮮やかなサリーでお出迎え、コンシェルジュ付き沖電気の社食ーわが社のとっておきの場所(2)
東京タワーの電球交換、高所作業の迫力ある映像がメディアの人気にーわが社のとっておきの場所(1)
OK/NGの境界線は?メディアに可愛がられる秘訣
元サッカー日本代表 宮本恒靖さんが語る、メディアを味方につける自己演出法

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する