日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアリレーションズ大特集

美人広報のどぶ板営業、その工夫とアイデア

マンダム、ミズノ、TAKAMI BRIDAL

メディアの心をつかむには、工夫とアイデアあってこそ。単に、行って話を聞いて終わり、ではなく、次につながる関係性を築くためには個々の力量が問われる。日々キャラバンを重ねる達人から、相手に伝えるコツを聞いた。

最近は売り込みより情報収集 月20件の訪問が目標です

044_02.jpg

下川麻友さん マンダム 商品PR室

2004年、広告会社勤務を経てマンダムの商品PR室の立ち上げに関わってきた下川麻友さん。大阪本社から送られるネタを持ちメディアに売り込む「切り込み隊長」を務めてきた。「ネットをはじめ情報を届ける便利なツールは増えたものの、やはり会って話すことが一番大事」と話す下川さんだが、最近持っていくネタが変わりつつあるそうだ。テーマは「新商品中心のコンタクトからの脱却」だ。キャラバンの目的は、新商品を知ってもらうことではなく、「相手が今何を求めているのか」を知ること。季節を含めたトレンドに合わせた提案ができるよう、新商品発表の年2回に集中させるのではなく、月20回の訪問を目標としている。

044_01.jpg

日本橋にあるオフィスから、大手町や銀座などのメディアには自転車で。前かごには、商品、リリース、デモ用グッズ、開発秘話など手元用資料、お土産、ファクトブック、PRレターを詰め込む。最近は特に、「客観的なデータ」を「人間力」で売り込むことを重視しているそうだ。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアリレーションズ大特集 の記事一覧

記者との関係づくり、重要なのは「情報の質」に尽きる
自社にマイナスの記事が露出。その時広報はクレームを入れるべきか?
言い方次第で広報の無能さを露呈。スマートなクレームの入れ方とは?
「めざましテレビ」チーフプロデューサーが語る、魅力的なオフィスとは
あなたは記者とつながる派?SNSあるある事件簿
記者が心惹かれる広報イチ押しの接待場所
ハプニングも怖くない。すべてのメディアが満足なイベントのつくり方
チャペルに銭湯、博物館。記者の気持ちをアゲる発表会の場
広報を信じる記者を裏切れない、その気持ちが原点
「3秒で返信」のツワモノも。人脈獲得の小技テクニックを大公開
エステーの「消臭力」を支える、「消臭を絵で見せる」研究施設
「LINE躍進の鍵はユーザー行動のリサーチにあり」と言わしめたLINE本社内の施設とは?
「タイトルが9割」、2秒でメディアを誘惑する言葉
「ムヒ」開発の裏に、1匹60円の蚊ーわが社のとっておきの場所(4)
滑っても味になればOK、「日本一の嫌われ芸人」NON STYLEの発信術
「あまちゃん」で注目度アップ、三鉄の車両基地 見学ツアー
王道からやっかい系まで...タイプ別メディアの取り扱い方
美人広報のどぶ板営業、その工夫とアイデア (この記事です)
美人広報のどぶ板営業、メディアキャラバンの1日に密着
鮮やかなサリーでお出迎え、コンシェルジュ付き沖電気の社食ーわが社のとっておきの場所(2)
東京タワーの電球交換、高所作業の迫力ある映像がメディアの人気にーわが社のとっておきの場所(1)
OK/NGの境界線は?メディアに可愛がられる秘訣
元サッカー日本代表 宮本恒靖さんが語る、メディアを味方につける自己演出法

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する