日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

メディアリレーションズ大特集

王道からやっかい系まで...タイプ別メディアの取り扱い方

編集部レポート

メディアには、いろんなタイプがいる。それぞれの嗜好も違えば、行動の仕方も特性も違う。広報担当者やPR会社からの声をもとに、「あるあるメディアタイプ」として8パターンを挙げ、それぞれのポイントと“取り扱い方”を解説する。

こだわりちょっとやっかい系

074_01.jpg

突っ込めない偏愛主義者

人一倍深いこだわりを持つことから、表現ひとつにとても細かい。下手すると売り込み文句やリリースにもツッコミを入れてくる。基本的に、売り込みにはのりたくない。物に対するこだわりが半端なく、他人の持ち物や服装もさりげなく値踏みする。広告も大事だが、究極を言えば自分たちのモットーを理解してくれる人だけで良いと思っているため、タイアップなどで炎上する場合もしばしば。

王道ジャーナリスト系

074_02.jpg

厳しくも人あたりはよい

正義感の強い律儀なタイプが多い。部下にも厳しく、自分にも厳しい。基本的に売り込みには厳しい目で対応するが、本当に良いと思ったものはきちんと示す。綿密に取材を重ね、調べ上げる傾向にあることから、記事の信頼性も十分。そのため、あいまいな回答や表現にはびしっと指摘を入れる。意外と人あたりが良く、自分が知っていることでも「知ってる感」を極力出さない。

張り込み芸能記者系

075_01.jpg

したたかに潜り込む

裏の裏を暴くのが仕事のため、日頃からあの手この手の作戦を練っている。発表会などで「NGメディア」とカテゴライズされることもしばしば。どうしても取りたいタレントのコメントなどがある場合に締め出されたりすると、機嫌が悪くなることも。基本的には明るく、売り込みの電話対応もからっとしている(が、裏で何を考えているかは分からない)。

ミーハー系

075_02.jpg

ハートをつかめば勝ち

何事にも好奇心旺盛で、元気で快活。慣れるまでは冷たくあしらわれることもあるが、関係性ができると、売り込みにもいちいちリアクション大きめで反応してくれる。とにかく流行に敏感で、ミーハー。お洒落・食・恋愛ネタが大好き。興味を持ったら、自分でまずやってみることから多趣味な人が多い。常に前向きな課題意識を持っていることも特徴。

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

メディアリレーションズ大特集 の記事一覧

記者との関係づくり、重要なのは「情報の質」に尽きる
自社にマイナスの記事が露出。その時広報はクレームを入れるべきか?
言い方次第で広報の無能さを露呈。スマートなクレームの入れ方とは?
「めざましテレビ」チーフプロデューサーが語る、魅力的なオフィスとは
あなたは記者とつながる派?SNSあるある事件簿
記者が心惹かれる広報イチ押しの接待場所
ハプニングも怖くない。すべてのメディアが満足なイベントのつくり方
チャペルに銭湯、博物館。記者の気持ちをアゲる発表会の場
広報を信じる記者を裏切れない、その気持ちが原点
「3秒で返信」のツワモノも。人脈獲得の小技テクニックを大公開
エステーの「消臭力」を支える、「消臭を絵で見せる」研究施設
「LINE躍進の鍵はユーザー行動のリサーチにあり」と言わしめたLINE本社内の施設とは?
「タイトルが9割」、2秒でメディアを誘惑する言葉
「ムヒ」開発の裏に、1匹60円の蚊ーわが社のとっておきの場所(4)
滑っても味になればOK、「日本一の嫌われ芸人」NON STYLEの発信術
「あまちゃん」で注目度アップ、三鉄の車両基地 見学ツアー
王道からやっかい系まで...タイプ別メディアの取り扱い方(この記事です)
美人広報のどぶ板営業、その工夫とアイデア
美人広報のどぶ板営業、メディアキャラバンの1日に密着
鮮やかなサリーでお出迎え、コンシェルジュ付き沖電気の社食ーわが社のとっておきの場所(2)
東京タワーの電球交換、高所作業の迫力ある映像がメディアの人気にーわが社のとっておきの場所(1)
OK/NGの境界線は?メディアに可愛がられる秘訣
元サッカー日本代表 宮本恒靖さんが語る、メディアを味方につける自己演出法

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する