広告マーケティングの専門メディア

広告企画

広告コピーや自社の課題発見に応用 第3者の立場で行うオリコンの顧客満足度(R)調査の価値ほか

oricon ME × エン・ジャパン × データビークル/GROVE × AnyMind Japan

宣伝会議は、2019年11月12日、13日にANAインターコンチネンタルホテル東京にて「宣伝会議サミット」を開催。「令和時代のアドエクスペリエンス」と題して、開催された本サミットでは、カスタマーエクスペリエンスの質を向上するカギとなる、広告を始めとしたマーケティング・コミュニケーションの今日的な進化のあり方を考える各種セッションを展開した。今号では広告・メディアビジネスの未来展望に関するマーケティング実務家による対談、講演、新たなマーケティング手法のプレゼンテーションについて、その一部を紹介する。

広告コピーや自社の課題発見に応用 第3者の立場で行うオリコンの顧客満足度®調査の価値

音楽CDやDVDなどの売上ランキングで有名なオリコンが、企業の顧客満足度調査も行っていることはご存知だろうか。

「オリコンの調査は、企業がリサーチ会社を使って独自に行う調査とは異なり、完全に第三者の立場で行っていることが特徴だ」とoricon ME CS事業本部 本部長の庄司知氏は語る。アンケートの設計を、データビークル 最高製品責任者の西内啓氏をはじめ専門の有識者らに協力を仰いで行っており、バイアスのかかっていない調査が評価され、国立情報学研究所との提携も実現している。また対象としている業界は多岐にわたっており、ランキングの数が150と多いのも強みだ。

2019年のオリコン顧客満足度®調査で、転職サイトの総合満足度1位に輝いたエン・ジャパンは、その称号をテレビCMや交通広告を使って一般消費者にアピールしている。「反響は非常に良い」と話すのはエン・ジャパン ブランド企画室 ブランドデザインチーム リーダー日野将志氏。売上やシェアなどの定量的な指標とは異なり、サービスのクオリティは可視化しにくい。「しかし、総合満足度1位を訴求することで、情報のシンプルさや分かりやすさが肝となるマス広告で、端的にサービスのクオリティを表現できる」と評価する。

また日野氏によると、自社調査ではどうしても設問内容にバイアスがかかり、結果の客観性を担保しきれないなどの課題を抱えていたという。「しかし、この調査データは完全に第三者目線に立ったもの。だからこそ、サービスの改善点や満足度を上げるための次の打ち手が分かる。それが、価値として最も大きい部分だろう」(日野氏)。

oricon ME
CS事業本部
本部長
庄司知氏

エン・ジャパン
ブランド企画室
リーダー
日野将志氏

データビークル
代表取締役
最高製品責任者
西内啓氏

    お問い合わせ

    株式会社oricon ME
    〒106-0032 東京都港区六本木6-8-10 STEP六本木東3F
    TEL:03-5785-5628
    E-MAIL:ml-cspr[アット]oricon.jp
    URL:https://life.oricon.co.jp/


インフルエンサーマーケティング キャスティングにおける詳細データのニーズが向上

昨今、インフルエンサーの増加に伴い、インフルエンサーマーケティングを行う企業の中でデータに基づくキャスティングへのニーズが高まってきている。

インフルエンサープロダクション「GROVE」の太齊佑介氏によると、クライアントに示す同社所属のインフルエンサーのリストからその変化は読み取れるという。「2017年のものと比較して、(2019年版は)各インフルエンサーのフォロワー数、フォロワー男女比、動画の平均再生数、CPVなどの項目が追加された」。その理由について、「企業もプロモーションに失敗しないように、(人選に)慎重になっているのではないか」と同氏は分析する。

そうした保守的な理由の一方で、データに基づくキャスティングは確かな成果を生み出している。「例えば、カメラアプリ『SODA』のプロモーションでは、クライアントは『高いエンゲージメント率(を誇るインフルエンサー)』のみを条件に設定。実際にプロモーションにも成功した」と話す。企業が訴求したい商品・サービスに最適なインフルエンサーのキャスティングが可能になったという。

キャスティングと同様に変化が起きているのがレポーティングだ。AnyMind Japanの山田果歩氏は、「これまでは、プロモーションの成果報告には1カ月程掛かっていたが、自社が開発したインフルエンサーマーケティング専用のプラットフォーム『CastingAsia』を使えば、リアルタイムでクリック率やCV数の確認が可能だ」と説明。現在はANAのインバウンド促進キャンペーンにも実装されているといい、「今後はレポートの分析精度もさらに上げていきたい」と語った。

GROVE
インフルエンサー営業部
部長
太齊佑介氏

AnyMind Japan
CastingAsia
SalesHead
山田果歩

    お問い合わせ

    GROVE株式会社
    TEL:03-5778-9625、03-6805-0747
    E-MAIL:info[アット]grove.tokyo
    URL:https://grove.tokyo/

広告企画 の記事一覧

ブランドの根底にある本質的な潜在価値が消費者の心を動かす
テレビデータの最前線─テレビ×購買で実現する新しいマーケティング活用
メディアコミュニケーションエージェンシー、Mediatorが目指すもの
企業のオウンドメディアブームが再燃 月間50万PV達成 コメ兵「KOMERU」の運営術
ソーシャルリスニングで旅行ニーズを可視化 新たなサービス創出の手がかりに ほか
QRコードを生かしたチェックイン機能で「デジタル×リアル」の新たなマーケティング施策を可能に
時代にマッチした超短尺のGIF動画広告がコミュニケーションの新しい世界を拓く
データ・ドリブンで広告宣伝業務を改革するダイキン工業の取り組みほか
SATORIで実現する匿名ナーチャリング(実名化)のメソッドほか
広告コピーや自社の課題発見に応用 第3者の立場で行うオリコンの顧客満足度(R)調査の価値ほか(この記事です)
売上を後押しするテクノロジーとクリエイティブで今こそ見直されるべき紙メディアの価値ほか
ドコモのビッグデータによる新しい人口統計「モバイル空間統計(R)」とはほか
解約にサービス向上のヒントが? 提唱される「解約防止マーケティング」とその手法ほか
若手マーケターが立ち向かうべき社内課題とマーケティングの未来
タクシーサイネージによる広告配信 業界大手が語る最新事例と今後の展望ほか
求められるリテンションの視座 ユーザーの本音は解約理由に現れる
ブランド毀損対策だけではない? ROI向上を目指す『攻め』のアドベリフィケーション
コピーライターからマーケターへ。転職で得た新しいスキルとは?
視聴質データの導入で加速するデータドリブンなテレビCMの活用法
BtoBtoC企業も顧客と直接つながる時代 モノ+コトで考えるCX戦略
Web・モバイル・オフライン アプリを使い全チャネルで顧客体験を最適化
詳細データに基づく魅力的な体験が顧客のロイヤリティを高める!
顧客の『痛点』の発見から見えてくる 機能だけではないブランドの価値
転職はプラス、マイナスどっち? 「マーケターのキャリア」篇
単一プラットフォームで調査から広告配信まで一気通貫で提供するLINEのBtoBソリューション
無興味層へのアプローチは今いるファンの育成から ファン層の拡大に成果をあげるSNSマーケティング
来店や購入に確かにつなげる リテール業界のアプリマーケティング最前線

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する