IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

「#SAVE GUNKANJIMA」OOHで伝える軍艦島の建物の『余命』

Gunkanjima Digital Museum
「#SAVE GUNKANJIMA」
OOH

“廃墟の島”軍艦島は、いま崩壊の危機に瀕している。台風の影響やコンクリートの経年劣化により、島の損壊は年々進行し、半年以内には軍艦島を代表する30号棟が崩落すると言われている。その保全には莫大な費用がかかるため、長崎市は募金を集めているが、“すでに壊れているもの”というイメージが根強く、理解は十分に得られていない。

軍艦島の危機に広く関心を持ってもらい、保全に必要な募金活動を後押しすることができないかを模索した。コンクリートの研究を専門とする東京大学野口研究室と共同で、軍艦島に現存する建物があと何年で崩落するかという“余命”を算出。その数字をグラフィティの技法で軍艦島の建物に描いた、架空のグラフィティイメージをOOHとして公開。2019年、2020年、2021年の実際の30号棟の写真を活用し、建物が徐々に崩壊していく様子を、カウントダウンの数字とともにビジュアル化しました。
(電通 アートディレクター 瀧澤章太郎)

  • 企画制作/電通
  • CD/関遼
  • 企画/小西慶
  • AD/瀧澤章太郎
  • D/浅岡敬太
  • Pr/川瀬理絵
  • 撮影/興村憲彦
  • レタッチ/原島良輔
  • 書家/下村奈那
  • 掲出/東急東横線渋谷駅 東横線渋谷ビッグ20(12/27~1/9)

UP TO WORKSの記事一覧

UP TO WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る