販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

銭湯で「ケロリン桶」のアート展 富山県の活性化目的で



北日本新聞社(富山市)は、富山県を発祥とする「ケロリン桶」をモチーフにしたアート作品展を10月27、28日の両日、「タカラ湯」(東京・足立)で開催した。ふだんは銭湯として営業しているが、当日は入場無料とした。

「富山×銭湯PROJECT」の第2弾という位置づけ。富山県を銭湯という切り口からプロモーションし、活性化を図る目的がある。

「ケロリン」は、内外薬品(現=富山めぐみ製薬、富山市)の解熱鎮痛剤。広告をプリントした黄色い桶を「ケロリン桶」という。

「ケロリンミュージアム」と題した、今回の作品展では、架空の前衛芸術家リチャード・ケロリーンの作品という設定で展示。本人への密着取材を敢行したような映像も制作した。

会場では、2024個のケロリン桶を用いた「ケロリンピラミッド」など、40点以上の作品を披露した。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する