販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

サーモンをハロウィーンの定番に 消費者求める「手軽でかわいい」レシピ提案

マリンハーベストジャパン

    「ハロウィンフィッシュ」MDシール

世界最大のサーモン養殖会社の日本法人であるマリンハーベストジャパン(東京・中央)は10月上旬から10月末まで、ハロウィーン需要に向け、キャンペーンキャラクター「サーモンスター」のレシピリーフレットやポスター、シールなどを店頭に置くプロモーションを行った。

マリンハーベストジャパンは2014年から、サーモンのオレンジ色がハロウィーンでおなじみのカボチャの色と似ていることに着目。サーモンを「ハロウィンフィッシュ」として打ち出し、プロモーション活動を実施している。

「年々ハロウィーン市場が拡大している一方で、定番料理が確立されていない。このプロモーションで、ハロウィーンシーズンにはサーモンを食べるといった文化を創出したい」(マリンハーベストジャパン)

ことしはキャンペーンキャラクターとして「サーモンスター」を制作。レシピリーフレットやポスター、POPのデザインに取り入れ、子どもの関心を引くことをねらった。

「(共同印刷やアクトインディによる)市場調査で、消費者が家庭でのハロウィーン料理で求めているのは、『子どもが喜び、かわいらしく、手間がかからないもの』であるとわかった。そこで『サーモンスター』というキャラクターを作り、手軽で見た目もかわいいサーモンレシピをリーフレットやWebサイトで紹介した」(マリンハーベストジャパン)

    レシピが載ったリーフレット

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する