IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

広告の現場を支えるプロフェッショナルの仕事術

振付稼業 air:man「ダンスはどんな価値を提供できるのか?」

air:man(振付)

数多くのCMの振付けを手がける振付稼業air:man。近年ではテレビ番組への出演など、表舞台にも登場するようになった。その背景には、ダンスブームの中で、正しい情報を発信していきたいという思いがある。

振付稼業air:man
1996年9月旗上げされたダンスを推進する演劇集団air:manの主宰、杉谷一隆が菊口真由美と共に、04年新たに立ち上げた業界初の振付ユニット。職人としての振付によるエンターテインメントなダンスを提供すべく、CM・PV・映画・舞台・イベント・ワークショップなどにおいて日々、ビバTHE無節操に奮闘中! 最近の仕事として、アサヒ飲料「十六茶」、CHINTAI、エイブル、「映画盗撮防止キャンペーン“NO MORE 映画泥棒”」など多数。

ダンスが普及したからこそ その魅力を発信していく

江崎グリコ ポッキーやアサヒ飲料十六茶など、数々のダンスが印象的なCMを手がけてきた振付稼業air:manは、7人組の振付師ユニット。10代から40代のメンバーで構成されており、振付けは必ず7人全員で考える。それによって、「ミニマムなお茶の間のシミュレーションをすることができ、世代を超えて広く届くダンスを生み出すことができる」とメンバーの杉谷一隆さんは話す。7人で振付けを考え、7人で打ち合わせをし、7人が別々の現場でレクチャーする。そうすることで、多くのCMでダンスが用いられるようになった現在において、振付けの質を保ったまま、ユニットとして同時に最大7つの現場を担当することができるという。

しかし杉谷さんは、「自分の感覚的にはダンスのCMは減ってきていると感じる」という。「それはつまり、目に留まるCMがダンスCMだった、という時期が過ぎたからかもしれません。いまではCMに音楽が流れているのと同じくらいに、CMに踊りがあることが普通になってきています。経済の低迷や震災の影響によって沈みがちだった世の中で、『それでも元気にやっていこうよ』と盛り上げていくためのツールとしてダンスが用いられてきましたが、その価値観が現在では一定のところまで普及した。これからは改めてどうすればフックのかかるダンスになるのか、振付師は考えなければならない時期だと思います」。

あと39%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の現場を支えるプロフェッショナルの仕事術 の記事一覧

BIRDMAN 高橋智也「仕事の丁寧さが世界観を守る」
Katamari Inc. イズカワタカノブ「頼れるWebの裏方目指す」
スタイリスト三田真一「あらゆるものを『スタイリング』で切り取る」
P.I.C.S. 針生悠伺、諏澤大助「プロジェクションマッピングはショー演出だ」
ライジン 山田陽平「アナログ時代からの技術の積み重ねをCGに昇華させる」
照明家 藤井稔恭「現場の空気感を照明で生み出す」
効果や 石川秀行「ラジオCMで生きる音のリアリティ」
かみの工作所 山田明良「印刷現場から発想する紙のプロダクト」
凸版印刷 森岩麻衣子「オリジナルの感動に極限まで近づけていくのがプリンティングディレクターの仕事」
作曲家 井筒昭雄「印象に残る音楽作りの鍵は『鮮度』と『化学反応』」
CMプロデューサー 渋川恭一「多様な映像制作で知見を広げたい」
シズルプランナー 森沢のり子「味覚と嗅覚を刺激する 『美味しい』映像ひとすじ」
ヘアメイクアップアーティスト 冨沢ノボル「ドラマの予感を演出するヘアメイク」
美術デザイナー 斉藤貴教「撮影の瞬間に真価を放つものづくり」
美術デザイナー 中村桃子「幼いころから続く ものづくりの延長」
振付稼業 air:man「ダンスはどんな価値を提供できるのか?」(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る