IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

広告の現場を支えるプロフェッショナルの仕事術

P.I.C.S. 針生悠伺、諏澤大助「プロジェクションマッピングはショー演出だ」

針生悠伺(ディレクター)、諏澤大助(プロデューサー)

この2年の間、さまざまなイベントで目にする機会が増えたプロジェクションマッピング。P.I.C.S. のディレクター針生悠伺さんとプロデューサー諏澤大助さんは、多くの事例が溢れているからこそ、映像の中身が重要だと考えている。

(右)P.I.C.S. 針生悠伺(はりゅう・ゆうじ)
映像ディレクター(P.I.C.S.)。1984年生まれ。MTV Station-IDコンテスト入賞をきっかけに、2007年 MTV Networks Japan クリエイティブ部入社。08年 PROMAX BDA WORLD GOLD(NY)にて新人賞となるRocket Awardを受賞、12年よりP.I.C.S.所属。

(左)P.I.C.S. 諏澤大助(すざわ・だいすけ)
映像プロデューサー(P.I.C.S.)。1984年生まれ。CM、Music Video、Broad castなど、プロデュースの幅は多岐に渡る。 「TOKYO STATION VISION」をきっかけに、3Dプロジェクションマッピングの作品にも多数携わる。www.picsco.net

重要なのは内容とストーリー

2012年9月、東京駅丸の内駅舎の保存・修復完成を祝う記念イベントとして実施されたプロジェクションマッピング「TOKYO STATION VISION」。大きな話題を呼んだ同プロジェクトに参加した映像制作プロダクションP.I.C.S.のディレクター針生悠伺さんとプロデューサー諏澤大助さんは、以来、約1年半の間にさまざまなプロジェクションマッピングを手がけてきたという。

「多くのイベントなどでプロジェクションマッピングが行われるようになり、いっときのブームとしてとらえる風潮もありました。しかしプロジェクションマッピングは通常の映像コンテンツとは異なり、ひとつのショーのようなものです」と諏澤さんは話す。「壁面の凸凹を利用した表現だけではなく、重要なのは映像の内容、ストーリーといったしっかりとしたコンテンツ。観客を意識したショーとしてのコンテンツを作っていけたら、この先もずっと楽しんでもらえるものだと思います」。

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の現場を支えるプロフェッショナルの仕事術 の記事一覧

BIRDMAN 高橋智也「仕事の丁寧さが世界観を守る」
Katamari Inc. イズカワタカノブ「頼れるWebの裏方目指す」
スタイリスト三田真一「あらゆるものを『スタイリング』で切り取る」
P.I.C.S. 針生悠伺、諏澤大助「プロジェクションマッピングはショー演出だ」(この記事です)
ライジン 山田陽平「アナログ時代からの技術の積み重ねをCGに昇華させる」
照明家 藤井稔恭「現場の空気感を照明で生み出す」
効果や 石川秀行「ラジオCMで生きる音のリアリティ」
かみの工作所 山田明良「印刷現場から発想する紙のプロダクト」
凸版印刷 森岩麻衣子「オリジナルの感動に極限まで近づけていくのがプリンティングディレクターの仕事」
作曲家 井筒昭雄「印象に残る音楽作りの鍵は『鮮度』と『化学反応』」
CMプロデューサー 渋川恭一「多様な映像制作で知見を広げたい」
シズルプランナー 森沢のり子「味覚と嗅覚を刺激する 『美味しい』映像ひとすじ」
ヘアメイクアップアーティスト 冨沢ノボル「ドラマの予感を演出するヘアメイク」
美術デザイナー 斉藤貴教「撮影の瞬間に真価を放つものづくり」
美術デザイナー 中村桃子「幼いころから続く ものづくりの延長」
振付稼業 air:man「ダンスはどんな価値を提供できるのか?」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る