日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

テレビに取材される方法

「東海仕事人列伝」が人気、東海テレビ放送『スタイルプラス』プロデューサーに聞く

東海テレビ放送『スタイルプラス』伊藤芳人プロデューサー

日本各地で放送されているローカルの報道・情報番組の数々。地元情報に完全に特化している番組もあれば、そうでない番組もある。自社との何らかの接点を見出すことで、実は地方局も狙い目かもしれない。

『スタイルプラス』(東海テレビ放送)
毎週日曜 12:00-13:45

2006年10月放映開始。ターゲットは大人の男女(F2、F3、M2、M3)。

制作体制
部門 制作局情報制作部
P 伊藤芳人(制作局情報制作部副部長)
D 遠山圭介、田中克典、武井正晴、服部篤幸、佐久間司、庄司仁

17人の常駐スタッフと作家、リサーチャーにより制作。全員でネタを出し合い、最終的にプロデューサーとPDが大枠のテーマを決定。テーマが決まったら、担当する各班で具体的なネタを探す。毎週約6時間の会議の場で、P、PD、作家を中心に、週ごとのテーマを担当するスタッフと話し合いを行う。

人気コーナー

  • 東海仕事人列伝
  • 特集「東海地方名物辞典」
  • お宝照英


  • 最近のヒット企画、特集

  • 東海地方産地直行便
  • 「東海地方スゴ技SP
  • 名古屋発!人気の味

  • 東海テレビ放送『スタイルプラス』
    伊藤芳人プロデューサーに聞く

    職人や技に注目
    地元企業の頑張る姿が視聴者を満足させる

    俳優の内藤剛志さんがメインMCを務める、東海テレビ放送の『スタイルプラス』は日曜昼の生情報番組だ。2006年に放送を開始したもので、「“自分流”にこだわる大人も満足できる情報番組」と位置付けている。

    「自分だけのこだわり」を持つF2・F3・M2・M3をメインターゲットとしており、内藤さんを中心に役者を生業とする出演者が多いのも特徴的だ。最近では中尾彬さん、森尾由美さん、的場浩司さんらがゲスト出演した。「役者さんというと、普段はなかなか素の顔が見えづらいというイメージがある。生放送の情報番組の中で、役者同士の本音を引き出せるのがスタイルプラスの強みでもあり、他のローカル番組にはない面白さだと思っています」と説明するのは、約1年前から番組プロデューサーを務める伊藤芳人氏だ。

    そんな同番組の企画のカギを握るのは...

    あと55%

    この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

    テレビに取材される方法 の記事一覧

    商品開発秘話や世界的な技術にも注目、『スーパーニュースアンカー』プロデューサーに聞く
    「東海仕事人列伝」が人気、東海テレビ放送『スタイルプラス』プロデューサーに聞く(この記事です)
    企業と共同開発のヘアアイロンがヒット、テレビ西日本『ももち浜ストア』 プロデューサーに聞く
    「井戸端会議」目線で地元企業を応援、中京テレビ『キャッチ!』プロデューサーに聞く
    商品開発からPRまで企業タイアップの実績も多数、北海道テレビ放送『イチオシ!』
    「なぜか売れない新商品」も取り上げる、九州朝日放送の番組『アサデス。』
    福岡放送『めんたいワイド』プロデューサーが語る、地元視聴者の満足度を高める方法
    関西企業が続々登場、NHK 大阪『ルソンの壺』 齋藤真貴プロデューサーに聞く
    中小企業にアプローチのチャンスあり?朝日放送『おはよう朝日です』
    TBS『あさチャン』プロデューサーが語る「人に注目するニュース」へのこだわり
    長嶋、王・・・・著名人も一目置く、元日テレ名物アナが語る テレビのこれから
    リサーチャーも企業ネタを求めている?テレビ取材の最短距離は「ネット」にあり
    名古屋テレビの朝番組『ドデスカ!』がこだわる、「地元らしさを程良く出しつつ、出しすぎず、地元を応援する」スタンス
    企業潜入バラエティ番組『リアルスコープ』、取材先選びのポイントとは?
    札幌テレビ『どさんこワイド179』、30秒の商品PRコーナーは数カ月待ちの人気
    「カットされないコメントのコツは?」「どうすればテレビ局にリーチできる?」 制作現場に聞いた テレビ広報Q&A
    企業広報に大人気のテレビ番組『ワールドビジネスサテライト』、リニューアルで何が変わった?

    おすすめの連載

    特集・連載一覧をみる
    広報会議Topへ戻る

    無料で読める「本日の記事」を
    メールでお届けします。

    メールマガジンに登録する