日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

テレビに取材される方法

札幌テレビ『どさんこワイド179』、30秒の商品PRコーナーは数カ月待ちの人気

札幌テレビ放送 『どさんこワイド179』 宮野聡プロデューサー

日本各地で放送されているローカルの報道・情報番組の数々。地元情報に完全に特化している番組もあれば、そうでない番組もある。自社との何らかの接点を見出すことで、実は地方局も狙い目かもしれない。

『どさんこワイド179』のリハの様子。道内を台風が通過する日で、本番直前までリハが続いた。

北海道

夕方から早朝、昼と熾烈さを増す情報番組

地元密着で海外にも発信

一般的に、視聴者数が減る時間帯と言われている16〜18時。北海道では、1991年に札幌テレビ放送が17時〜19時までの2時間の情報生番組『どさんこワイド120(現:179)』を開始。圧倒的な視聴率を獲得したことから、一時は北海道の6局のうち5局が同時間帯に情報番組を投入するなど過熱化し、放送時間もワイド化が進んでいる。一方で、北海道ブランドの知名度を活かす試みとして、外国人MCが北海道の“人・モノ・コト”に触れ合い、体験した感動を伝える『LOVE HOKKAIDO』(北海道テレビ放送)といった番組も登場。中国やシンガポールでも放送し、活路を見出している。




札幌テレビ放送『どさんこワイド179』
宮野聡プロデューサーに聞く

「30秒で商品PR」生中継コーナーは数カ月待ちの人気

今年10月で24年目を迎える『どさんこワイド179』は、北海道の夕方ワイド番組の先駆け的存在だ。タレント性のある局の看板アナを起用し、北海道のお茶の間に幅広く浸透している。同番組の人気とともに、局全体の視聴率向上にも寄与してきた。

「スタート当初は、視聴者数の少ないエアポケットの時間帯に自社番組を投入して営業的に成立するのか、幾度も検討を重ねたようです。結果的にどの局もやっていないことを最初に取り組んだことで、“どさんこワイド”が看板番組のひとつになった。何より局のイメージを打ち出せたことが、最も大きな収穫だったと思いますね」(プロデューサー・宮野聡氏)。

番組のトータルコンセプトは…

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

テレビに取材される方法 の記事一覧

商品開発秘話や世界的な技術にも注目、『スーパーニュースアンカー』プロデューサーに聞く
「東海仕事人列伝」が人気、東海テレビ放送『スタイルプラス』プロデューサーに聞く
企業と共同開発のヘアアイロンがヒット、テレビ西日本『ももち浜ストア』 プロデューサーに聞く
「井戸端会議」目線で地元企業を応援、中京テレビ『キャッチ!』プロデューサーに聞く
商品開発からPRまで企業タイアップの実績も多数、北海道テレビ放送『イチオシ!』
「なぜか売れない新商品」も取り上げる、九州朝日放送の番組『アサデス。』
福岡放送『めんたいワイド』プロデューサーが語る、地元視聴者の満足度を高める方法
関西企業が続々登場、NHK 大阪『ルソンの壺』 齋藤真貴プロデューサーに聞く
中小企業にアプローチのチャンスあり?朝日放送『おはよう朝日です』
TBS『あさチャン』プロデューサーが語る「人に注目するニュース」へのこだわり
長嶋、王・・・・著名人も一目置く、元日テレ名物アナが語る テレビのこれから
リサーチャーも企業ネタを求めている?テレビ取材の最短距離は「ネット」にあり
名古屋テレビの朝番組『ドデスカ!』がこだわる、「地元らしさを程良く出しつつ、出しすぎず、地元を応援する」スタンス
企業潜入バラエティ番組『リアルスコープ』、取材先選びのポイントとは?
札幌テレビ『どさんこワイド179』、30秒の商品PRコーナーは数カ月待ちの人気(この記事です)
「カットされないコメントのコツは?」「どうすればテレビ局にリーチできる?」 制作現場に聞いた テレビ広報Q&A
企業広報に大人気のテレビ番組『ワールドビジネスサテライト』、リニューアルで何が変わった?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する