日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

テレビに取材される方法

企業広報に大人気のテレビ番組『ワールドビジネスサテライト』、リニューアルで何が変わった?

名倉幸治(テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』プロデューサー)

広報会議読者から最も人気が高いニュース番組『ワールドビジネスサテライト(WBS)』。今年春からは、大江麻理子新キャスターを迎え、装い新たにリニューアルした。新たな番組づくりの方針について、名倉幸治プロデューサーに聞いた。

左から、大澤亜季子、大浜平太郎、大江麻理子、豊島晋作、相内優香らキャスター陣。

独自の視点で経済を身近に

毎日ホットな経済ニュースを放送し、ビジネスパーソンから高い支持を集める『ワールドビジネスサテライト(WBS)』。今年春、プロデューサーに約20年間日経新聞の記者を務め、2008年から当番組のデスクを担当してきた名倉幸治氏を起用するとともに、番組をリニューアル。16年間メインキャスターを務めた小谷真生子氏から大江麻理子氏に交代したほか、その日に起きた出来事を伝えるストレートニュースの放送枠を11分間から15分間に拡大。新コーナーとして、大江キャスターが再開発の渦中の街をレポートする「しなやかに変わる街」、実は経済に関連が深いニュースを掘り下げる「WBS事件簿」なども加わった。目指すのは、市場の動向も国際情勢も、身近な実感を持って視聴することができる「自分につながる経済ニュース」(名倉氏)だ。

発表内容を事前に入手

放送日当日に行われた記者発表の内容でも、専門家や関係者を取材し、単なるストレートニュースで終わらない、深堀りした内容を放送している。なぜこのような機動力のある対応が可能なのか。実は、「会見当日までは放送しない」という約束付きでディレクターが取材先と交渉し、事前に取材を進めているからだ。

「テレビはどうしても映像が必要なので ...

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

テレビに取材される方法 の記事一覧

商品開発秘話や世界的な技術にも注目、『スーパーニュースアンカー』プロデューサーに聞く
「東海仕事人列伝」が人気、東海テレビ放送『スタイルプラス』プロデューサーに聞く
企業と共同開発のヘアアイロンがヒット、テレビ西日本『ももち浜ストア』 プロデューサーに聞く
「井戸端会議」目線で地元企業を応援、中京テレビ『キャッチ!』プロデューサーに聞く
商品開発からPRまで企業タイアップの実績も多数、北海道テレビ放送『イチオシ!』
「なぜか売れない新商品」も取り上げる、九州朝日放送の番組『アサデス。』
福岡放送『めんたいワイド』プロデューサーが語る、地元視聴者の満足度を高める方法
関西企業が続々登場、NHK 大阪『ルソンの壺』 齋藤真貴プロデューサーに聞く
中小企業にアプローチのチャンスあり?朝日放送『おはよう朝日です』
TBS『あさチャン』プロデューサーが語る「人に注目するニュース」へのこだわり
長嶋、王・・・・著名人も一目置く、元日テレ名物アナが語る テレビのこれから
リサーチャーも企業ネタを求めている?テレビ取材の最短距離は「ネット」にあり
名古屋テレビの朝番組『ドデスカ!』がこだわる、「地元らしさを程良く出しつつ、出しすぎず、地元を応援する」スタンス
企業潜入バラエティ番組『リアルスコープ』、取材先選びのポイントとは?
札幌テレビ『どさんこワイド179』、30秒の商品PRコーナーは数カ月待ちの人気
「カットされないコメントのコツは?」「どうすればテレビ局にリーチできる?」 制作現場に聞いた テレビ広報Q&A
企業広報に大人気のテレビ番組『ワールドビジネスサテライト』、リニューアルで何が変わった?(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する