日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

テレビに取材される方法

TBS『あさチャン』プロデューサーが語る「人に注目するニュース」へのこだわり

曺 琴袖(TBSテレビ 情報制作局 プロデューサー)

今年3月末にスタートした朝の新番組『あさチャン!』。競合ひしめく時間帯の中で、後発番組としていかに差別化を図っていくのか。プロデューサーの曺琴袖氏に、各コーナーの趣旨や企画会議の体制について聞いた。

メインMCに、MC初挑戦のタレントの夏目三久、明治大学文学部の齋藤孝教授を起用した。

ニュース・生活情報を主軸に

今年3月末に、9年間続いた『朝ズバッ!』の後続番組としてスタートした『あさチャン!』。いずれも朝番組のメインMC初挑戦となる、タレントの夏目三久、明治大学文学部の齋藤孝教授を起用し、フレッシュさを演出した。各コーナーの指揮を執る、プロデューサーの曺琴袖氏は「視聴者に『今日も一日頑張ろう』と思ってもらえるような番組を目指しています。メインMCも視聴者からの信頼感や好感度が高く、見た人が元気になれるような人を、という軸で選びました」と語る。

メインターゲットは、40代~60代の女性層。朝の情報番組の特性上、くつろいで、じっくり視聴する人がいないという想定で番組を制作するため、短いコーナーを連続させる構成とし、どこから視聴しても番組を楽しめるよう工夫している。「ニュース、スポーツ、エンタメに加えて、生活情報に重きを置いていますね。最近は家事や生活に役立つ、暮らしの裏技なども紹介しています」。

人気のコーナーは、話題になりそうなテーマを取り上げる「ザワツキ」、視聴者の様々な「ちゃんと知りたい」という欲求に応え、生活情報を掘り下げて伝える「チャン知り」、「47都道府県 ハテナの旅」など。最近では、サンリオのキャラクター、「ぐでたま」のアニメーションも人気沸騰中だ。

いかにホットな情報を出せるか

企画会議は週に1度 ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

テレビに取材される方法 の記事一覧

商品開発秘話や世界的な技術にも注目、『スーパーニュースアンカー』プロデューサーに聞く
「東海仕事人列伝」が人気、東海テレビ放送『スタイルプラス』プロデューサーに聞く
企業と共同開発のヘアアイロンがヒット、テレビ西日本『ももち浜ストア』 プロデューサーに聞く
「井戸端会議」目線で地元企業を応援、中京テレビ『キャッチ!』プロデューサーに聞く
商品開発からPRまで企業タイアップの実績も多数、北海道テレビ放送『イチオシ!』
「なぜか売れない新商品」も取り上げる、九州朝日放送の番組『アサデス。』
福岡放送『めんたいワイド』プロデューサーが語る、地元視聴者の満足度を高める方法
関西企業が続々登場、NHK 大阪『ルソンの壺』 齋藤真貴プロデューサーに聞く
中小企業にアプローチのチャンスあり?朝日放送『おはよう朝日です』
TBS『あさチャン』プロデューサーが語る「人に注目するニュース」へのこだわり(この記事です)
長嶋、王・・・・著名人も一目置く、元日テレ名物アナが語る テレビのこれから
リサーチャーも企業ネタを求めている?テレビ取材の最短距離は「ネット」にあり
名古屋テレビの朝番組『ドデスカ!』がこだわる、「地元らしさを程良く出しつつ、出しすぎず、地元を応援する」スタンス
企業潜入バラエティ番組『リアルスコープ』、取材先選びのポイントとは?
札幌テレビ『どさんこワイド179』、30秒の商品PRコーナーは数カ月待ちの人気
「カットされないコメントのコツは?」「どうすればテレビ局にリーチできる?」 制作現場に聞いた テレビ広報Q&A
企業広報に大人気のテレビ番組『ワールドビジネスサテライト』、リニューアルで何が変わった?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する