販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第11回販促コンペ、協賛企業賞受賞者コメント(1)

「協賛企業賞」は「第11回販促会議企画コンペティション」の協賛企業25社、27課題が各1企画を選んだ賞です。ここでは受賞者のコメントをご紹介いたします。協賛企業が実際に実施することをふまえ、数百点の中から選んだ企画は、ただ面白い、新規性のあるというだけでない、新たな視点を提供してくれるはずです。各協賛企業の担当者による選出理由のコメントは、月刊『販促会議』10月号に掲載しています。合わせてご覧ください。


課題 味の素AGF

「ブレンディ®」ボトルコーヒーを飲んだことのない女性が、思わず飲みたくなるアイデア

企画名「凍(トウ)コー」

船木俊作(協同宣伝)

受賞者コメント

実家の冷蔵庫にはいつも、「ブレンディ」が入っていました。出勤前、夕食の準備前に、ぼーっとしながらブレンディを飲む母の姿を、今でもはっきり覚えています。あれから十数年、母をはじめ、世の女性のライフスタイルは大きく変わりました。

この時代を生きる女性のために、「ブレンディ」ができることってなんだろう……。と考えはじめ、辿り着いたのが、「凍らせて飲む」という飲み方提案でした。最後に、この度は本当にありがとうございました!皆さまのブレンディ・ライフが、もっともっと豊かになりますように。


課題 アリミノ

30代~40代の女性がこの美容室に通い続けたいと思うようなアイデア

企画名「今日、お母さん綺麗だね」

鈴木俊彦(メトロアドエージェンシー)、中嶋悠太(同)

受賞者コメント

この度は、大変光栄な賞をいただき誠にありがとうございます。今回のターゲットが30歳代~40歳代の女性ということでしたが、男2人でぐるぐると街を歩きながら美容室から出てくる嬉しそうな女性をチラ見して考えました。「予定がなくても美容室に行く日はお洒落しちゃうよね」という2人に共通する小さな虚栄が、この企画の源です。

プレゼン時には「まさか男性2人組がこの企画を考えたとは思わなかった」と仰っていただき、本当に企画者冥利に尽きる機会となりました。これからも2人で良い企画を考えていけるよう努力していきます!(一同)


課題 ウテナ

ロングセラー化粧水を思わず買ってみたくなる企画

企画名「切手を貼ったらそのまま送れるウテナレター」

清水覚(ヤフー)

受賞者コメント

ヒントになったのは、ウテナ化粧品さまが今でも愛用者とハガキでのコミュニュケーションを大切にされているというエピソードです。もう1つは、パートナーから何気なく聞いた「はじめて使った化粧品は、母のものだった」という一言です。

商品にメッセージを書いて送るというのは昔からあるマーケティング手法ですが、肉筆のメッセージを大切にされている企業姿勢と、母と娘の化粧品の関係がうまく噛み合い、授賞に至ったのではないかと思います。ロングセラーブランドが、この先も続いていくことを祈っております。


課題 LGエレクトロニクス・ジャパン(液晶モニター)

LG ウルトラワイドモニター™拡販アイデア

企画名「ウルトラワイド授業モニター」

千葉龍裕(YRK and)

受賞者コメント

「複数企業の課題を一緒に解決するチャンスがないか」。たくさんの課題が並ぶのを見てまずそう思い、ほかの協賛企業のサービス(スタディサプリ)との相互販促を目指すこの企画を考えました。

私が現在リブランディングの仕事をしていて、ひとつのブランドが自らだけで頑張って消耗しているケースによく出会います。国内の労働人口や市場規模の近い将来を考えると、この内出血のような"見えない消耗"は見逃せない問題。そのブランドが市場で健康的に生きていくには?という視座が、プロモーション領域でも今後さらに重要性を増すのではないでしょうか。


課題 LGエレクトロニクス・ジャパン(ノートパソコン)

ノートパソコンLG gram拡販アイデア

企画名「LG gramで何グラム軽くなる?」

郡司嘉洋(アーツ)

受賞者コメント

選んでいただいた皆さま、ありがとうございます。まさか自分のシンプルな案が受賞するとは思わず、とても驚いています。今回のチャレンジで気づいたのは、「アイデアは自分の身近に転がっている」ということです。

この企画を考えるヒントになったのは、趣味の登山でした。私は軽快に山を歩けるよう、装備の重さを量り、軽量化を心がけています。これは、いつも持ち運ぶモバイルノートPCにも、同じことが言えるのではないかと気づきました。まだまだ未熟ではありますが、これからもココロを動かす企画を考えていけるよう、がんばります!


課題 大関

「ワンカップ大関」を日常の飲酒シーンに取り入れたくなる企画

企画名「宴会特急おおぜき1号」

澤田空香(デルフィス)、志儀永二郎(同)

受賞者コメント

大関の皆さま、この度は、栄えある賞にお選びいただき、誠にありがとうございます。企画にあたり、数え切れないほどの「ワンカップ大関」の試飲で、何度も泥酔しましたが、むくわれたこと、嬉しく思います。大関の皆さま、ぜひこの企画の実施のご連絡をお待ちしております。システムはもうできておりますので、後はもう納品させていただくだけです!笑(澤田)

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する