販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第11回販促コンペ、審査員による講評(1)

ここでは、審査員による応募企画全体の講評をご紹介します。

講評

審査員

    【審査員】
    オリコム
    企画制作本部 コミュニケーションデザイン局
    プロモーションプランニング部 ディレクター
    井口富義氏

    受賞者の皆さま、おめでとうございます。エントリーされた全ての皆さま、おつかれさまでした。今回はいろいろな視点のアイデアを拝見した気がしています。企画する側も見る側も、プロモーションの表面的テクニックや流行りに目がいきがちですが、ターゲットのインサイトを探り、共感を得られるるアプローチを熟考し、体感の場をつくり出せれば、人が動くコミュニケーションの答えはきっとどこかにあるということを改めて感じた審査でもありました。

    クライアントが企画に寄せる期待は大きいものがあります。だからこそ、その期待を超えるチャレンジを今後もお願いします。

    【審査員】
    博報堂
    マーケティングシステムコンサルティング局
    エグゼキューションデザイン部
    インタラクティブディレクター
    石毛正義氏

    人に動いてもらうためのストーリーをどうつくるか?企画への期待を抱かせる第一印象づくり、ユーザーになってからの体験、そしてそこからの継続的な体験。これを思いつきではなく、本当に良いものにしようとする情熱を持って考え抜き、リアルなビジネスの課題にアプローチした企画が評価されたのではないでしょうか。

    もちろん多大な投資に頼らないアイデアと実現性の検証も大事なポイントで、それが「販促コンペ」の良いところだと思います …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する