販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第11回販促コンペ 贈賞式2019

約5カ月に及ぶ「販促コンペ」の最後のイベントが贈賞式だ。ここでは、9月に東京都内で開催された贈賞式と懇親会のようすをお届けする。もしかしたら来年この場にいるのは、あなたかもしれない。

【概要】
約5カ月間の戦いの集大成

9月、東京都内で「第11回 販促会議企画コンペティション」の贈賞式が開催された。会場に集まったのは、受賞者、審査員、協賛企業各社の約200人。4月1日の課題発表から約5カ月に及んだ今年度の販促コンペの集大成となる。贈賞式が執り行われるホール前には、受賞作品のパネルがずらりと並んだ。

定刻になり、式が開始。コンペについての説明と審査員、協賛企業が紹介された。ここからついに、受賞作品の発表に移る。

【協賛企業賞・審査員個人賞】
ワンカップ大関は「魔法の飲み物」

最初に発表されたのは、協賛企業賞27作品とその受賞者。協賛企業の代表として、大関の長石元一氏(取締役 商品開発部部長)が、同社の課題に対して「宴会特急おおぜき1号」を企画した澤田空香氏に協賛企業賞を授与した。祝辞として長石氏は「宴会に遅刻するという気まずさや焦りが出る場面で、1本飲むことにより気持ちを落ち着かせる『魔法の飲み物』として『ワンカップ大関』を位置づける、ユニークかつ世間の『あるある』を反映した企画」と評価した。

続いては審査員個人賞。最終審査員各個人が「上位入賞は逃したが光るものがあった」「今後に期待できる」といった観点から選出した賞だ。吉柳さおり氏が代表し、リクルートマーケティングパートナーズの課題に対する企画「試験前に作ろう!スタサプやる気ボタン」の企画者、中野拓馬氏に審査員個人賞を贈った。

【シルバー】
シルバー4作品を発表

さらに発表は続く。ここからはシルバー以上の上位入賞作品の発表だ。出席したファイナリストに伝えられているのは、「上位7企画に入った」ことのみ。ここで初めて、どの賞を受賞したのか知ることになる。会場の緊張感は一気に高まった。

受賞企画の発表は、最終審査員の富永朋信氏から。7本のうちシルバーを受賞したのは、桑原倫子氏による、大関の「ワンカップ大関横丁」、近藤圭悟氏が企画したシーシーアイの「どこでもスマートビューONE」、嶋田悦子氏が企画したアリミノの「グレイカラープランニング」、須藤拓之介氏と坂本俊太氏が企画したスリーエム ジャパンの「Take Free If You Can」の4本。賞金は10万円だ。

受賞者全員が登壇し、富永氏が賞状を、佐々木亜悠氏が目録を授与した。

【ゴールド】
ゴールド2作品を発表

さて、残るはゴールド2本、グランプリ1本の計3本だ。発表は尾上永晃氏が行った。

受賞したのは、五十嵐響介氏、井原誠明氏、長谷川慧氏、濵田愛子氏が企画した日本緑茶センターの「Mr.コレイジ―」と、小林優介氏が企画したサンギの「昼過ぎトリートメント」。賞金は20万円となる。尾上氏からは賞状を授与し、藤井一成氏からはトロフィー、桜田圭子氏からは目録が手渡された。

【グランプリ】
グランプリは「人が動くさまを想像できる」企画

最後に、4242企画の頂点に立つグランプリが発表された。審査員長の嶋浩一郎氏が読み上げたのは、清水陽介氏が企画した牛乳石鹼共進社の「SkinLife for School」だ。奥谷孝司氏からトロフィーが、龍崎翔子氏からは目録が清水氏に手渡された。

清水氏は「ペン型の化粧品は、息子が文房具で遊んでいたようすがヒントになりました。日常生活の至るところに企画のたねは転がっているもの。これからも販売促進、課題解決につながる企画を立てていきたい」と喜びを述べた。

嶋氏は総評として「グランプリの企画は教室でペンケースを広げたとき、必ず話題になる、と、特に女性の審査員の方々が話していた通り、誰が見ても人が動くさまを思い描けます。人を動かすには、効率化を図るだけでなく、クリエイティビティやチャーミングさが不可欠です。今回選ばれたのは、そういった企画の数々でした」と述べた。

【懇親会】
ここから実現企画が生まれるかも

贈賞式後に行われたのは、毎年恒例の懇親会だ。受賞者と審査員、協賛企業の担当者らが同じテーブルを囲む。受賞者にとっては直接企画のフィードバックを受けられ、協賛企業側にとっては才能ある企画者たちと出会える、またとない機会だ。

乾杯の挨拶は、牛乳石鹼共進社の上野正雄氏(マーケティング部 部長)が行った。

盛んに会話や名刺交換がされ、懇親会は盛況のうちに終了。これにて「第11回販促会議企画コンペティション」は幕を降ろした。受賞企画の今後にもぜひご注目いただきたい。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する