販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

最終審査会Report

8月に第11回販促コンペの最終審査会が、開催された。応募総数は過去最多の4242通。応募者の年齢は14歳から75歳と、幅広い世代からの応募があった。ここでは、例年以上に白熱した最終審査会のもようをお伝えする。



ファイナリスト30本 30/4242

選出理由を確認

1人6本に再投票
暫定シルバー以上の上位6本が挙がる 6/4242

「SkinLife for School」 7票
「どこでもスマートビューONE」 5票
「ワンカップ大関横町」 4票
「Take Free If You Can」 4票
「昼過ぎトリートメント」 4票
「Mr.コレイジー」 4票

審査員による復活意見交換
上位6本には入らなかったが、再考すべき作品を議論

「グレイカラープランニング」と「試験前に作ろう!スタサプやる気ボタン」が候補に

投票の結果、過半数を獲得した「グレイカラープランニング」がシルバー以上に復活

ゴールド以上の企画が決定 7/4242

「SkinLife for School」 7票
「どこでもスマートビューONE」 5票
「ワンカップ大関横町」 4票
「Take Free If You Can」 4票
「昼過ぎトリートメント」 4票
「Mr.コレイジー」 4票
「グレイカラープランニング」 3票

シルバー以下から、ゴールド以上に上がる1作品を投票(1人1票)

「昼過ぎトリートメント」と「Mr.コレイジー」が同票

決選投票により「昼過ぎトリートメント」に決定
暫定ゴールド以上が決定

「SkinLife for School」
「どこでもスマートビューONE」
「昼過ぎトリートメント」

最終意見タイム
「どこでもスマートビューONE」と「Mr.コレイジー」の再考を促す意見が …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する