販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第11回販促コンペ、協賛企業賞受賞者コメント(3)

「協賛企業賞」は「第11回販促会議企画コンペティション」の協賛企業25社、27課題が各1企画を選んだ賞です。ここでは受賞者のコメントをご紹介いたします。協賛企業が実際に実施することをふまえ、数百点の中から選んだ企画は、ただ面白い、新規性のあるというだけでない、新たな視点を提供してくれるはずです。各協賛企業の担当者による選出理由のコメントは、月刊『販促会議』10月号に掲載しています。合わせてご覧ください。


課題 ジェーシービー

クレジットカード会社が提供するWEBサービスの活性化

企画名「FAMILY ボタン」

菊地原沙織(博報堂)

受賞者コメント

電車の中でも、ごはん中も、お風呂の中でも、考えては潰し考えては潰しの日々でした。無能な自分と向き合いながら、アイデアを絞り出し、それが評価されることはとても幸せなことです。ジェーシービーの皆さま、大変光栄な賞に選出いただき、ありがとうございました。


課題 小学館集英社プロダクション

この春新しくスタートした「小学館の通信教育 まなびwith」を知って、試してみたくなる企画

企画名「withカード」

宮村亮大(公務員)

受賞者コメント

「社会人じゃダメですか?」公務員の私は所属企業名を書く欄に何と書くべきか迷い事務局にそう尋ねました。結局「公務員」と書くことで落ち着きましたが、雑誌を開くとなかなか目立ち、悪くないなと思います。さて、この度はそんなアマチュアの私にステキな賞をくださり、小学館集英社プロダクションさん、本当にありがとうございます。

実は、こうして販促コンペなどに取り組んだ経験が実を結び、新しいステージへと進む道が開けました。今回の受賞を大きな励みとして、今後は実務でも良い企画提案ができるように頑張りたいと思います。


課題 真誠

「とろけるきなこ」を多くの人に手にとってもらえるようにするアイデア

企画名「とろけるきなこ Happy Topping Cafe」

西愛梨、林愛莉、横山桃子(以上キャンパスラボ/大学生)

受賞者コメント

この度は協賛企業賞に選んでいただきありがとうございます。私たちキャンパスラボは各大学のミスキャンパスが集まり、企業や自治体と商品開発やPRを行うプロジェクトチームです。今回はスキルアップのために、販促コンペに応募しました。

世の中に情報が多すぎて、まだまだおいしいものを知らない、気づかない世代にどう「とろけるきなこ」を知ってもらい、印象に残すのかを意識してアイデアを考えました。これからもいろいろなことに取り組んでいきたいと思います!本当にありがとうございました。(横山)


課題 翠宝商事

結婚を考えたカップルがNISHIKIYAの結婚式場へ見学に行きたくなるアイデア

企画名「結婚式展」

佐藤勇人(レマン)、中島優子(ビーコンコミュニケーションズ)

受賞者コメント

企画を、企画のままで終わらせない。ご選出いただき、ありがとうございます!(一同)


課題 スリーエム ジャパン

両面テープ初心者がDIYでスコッチ®超強力両面テープを使ってみたくなるアイデア

企画名「DIY HACK」

滝田英哉(太陽企画/tip)

受賞者コメント

この度は選出、誠にありがとうございました。企業の方からこのような賞をいただけたのは、広告人としてものすごく嬉しいです!自分が好きなコト(今回はキャンプ)を軸に考えると、インサイトや行動仮説への展開がしやすく、企画が広がっていくのを実感しました。今後も自分の好きな領域と広告への知見を増やし、良い広告を作り続けていきたいと思います。


課題 大日本除虫菊

分かりにくい機能を、「分かりやすさ」に変換できるアイデア

企画名「草食系男子と加齢臭おじさん」

佐野竜一、重松賢司、竹中剛(以上サイバーエージェント)

受賞者コメント

このようなすばらしい賞をいただきありがとうございます。これに満足せず日々精進します。本企画の実現に向け、まずは打ち合わせの日程調整の連絡をさせていただければと思っております(一同)


課題 日本コカ・コーラ

シニア世代がコカ・コーラ社製品を、思わず手にとりたくなるアイデア

企画名「#ジジコーク」

千葉慎太朗(宮城大学)

受賞者コメント

今回、日本コカ・コーラさまの協賛企業賞を受賞できたこと、大変嬉しく思っております。このような企画のコンペに応募すること自体が20年間の人生において初めてであり、ゼミの先生からも「大学生が賞をとるにはなかなかハードルが高い」と聞かされていたため、今回の受賞に驚いています。

ですが、田舎で過ごした祖父との日々をヒントに、自分でも納得のいく企画に仕上がったと思っています。日本を代表する大企業の社員の皆さまから高い評価をいただけたことは、自分にとって大きな自信になりました。本当にありがとうございました。


課題 日本緑茶センター

クレイジーソルトに夢中になるアイデア

企画名「クレイジーにスルト」

杉山祐太(プラチナム)

受賞者コメント

「クレイジーな人たちがいる」ジョブズは言った。初めて知った料理の喜びに、膝と肘をぐんぐんに屈折させ、うなりながら「クレイジーソルト」を振り乱している大学生。クレイジーな人はそこにいた。誰にも知られたくない過去と、手に取る人の新たな生活スタイルを作り得る、完全無欠な調味料の魅力をミクスドアップしたら、販促企画になりました。

「クレイジーソルト」のことを好きな人達がいます。これからも、おいしさと楽しさを作ってください。この度は素敵な賞をいただきありがとうございました。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する