販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第11回販促コンペ、協賛企業賞受賞者コメント(4)

「協賛企業賞」は「第11回販促会議企画コンペティション」の協賛企業25社、27課題が各1企画を選んだ賞です。ここでは受賞者のコメントをご紹介いたします。協賛企業が実際に実施することをふまえ、数百点の中から選んだ企画は、ただ面白い、新規性のあるというだけでない、新たな視点を提供してくれるはずです。各協賛企業の担当者による選出理由のコメントは、月刊『販促会議』10月号に掲載しています。合わせてご覧ください。


課題 日比谷花壇

日比谷花壇でお花を買いたくなるアイデア

企画名「なかなお輪挿し」

岡田共平(リクルートライフスタイル)、長岡亮平(ADKマーケティング・ソリューションズ)、松實良知(電通)

受賞者コメント

日比谷花壇の皆さま、この度は数あるアイデアの中から、僕たちの「なかなお輪挿し」を協賛企業賞に選定してくださり、本当にありがとうございました。

この案は、日比谷花壇さんならではの付加価値であること、そして本当に実現できるのか、という点を重視して考えました。なので、ぜひ実現に向けてご検討いただけると僕たちも嬉しく思います。何かご一緒できる部分がございましたら、何なりと相談ください。改めまして、この度はこのような賞をありがとうございました。これからも精進します(一同)


課題 フジッコ(カスピ海ヨーグルト)

フジッコ・カスピ海ヨーグルトの"ねばり"が伝わるアイデア

企画名「ねばりヨーグルト時計」

関谷圭亮(東京大学大学院)、古川隼(同)

受賞者コメント

この度は協賛企業賞に選んでいただき大変光栄です。アイデアの実現に向けて実証実験を行い、実現可能性や訴求ポイントについて検討したことが、こういった結果につながったのだと思います。課題解決にあたって、研究で活用している技術が生かせそうで、研究とアイデアがマッチしていて、楽しく考えさせていただきました。

今後は研究の視点を生かしつつ、そこにマーケティングや事業経営などのビジネス視点を加えて、よりいっそう価値あるアイデアが出せるよう精進していきたいと思います。審査に携わった皆さま、ありがとうございました(一同)


課題 フジッコ(塩こんぶ)

数ある塩こんぶ商品の中で「フジッコ塩こんぶ(平袋タイプ)」が食べたくなる企画

企画名「ぶじっ子」

岡本桃奈(エー・ティ・エー)、御供直輝(フリーランス)

受賞者コメント

「この案、すごくやりたいんです!」企業プレゼン時に、広報担当さまから言っていただいて、凄く嬉しかった言葉です。瞬間的にやりたくなることと、実現性とが両立する企画を目指し、僕らの中で何度も協議しました。その中で生まれたのが、本商品が「親子間の愛情を伝えるツール」として定着した世界はどうか、ということでした。それが、フジッコさまからいただいた言葉で実証・共感を得られたのは大変嬉しく思います。

最後に、受賞した経験を生かし、より良い企画を、大胆に、初心を忘れずに作り出していきますので、みなさまのご鞭撻をよろしくお願い致します!(一同)


課題 渕上ファインズ

結婚を控える女性が思わず参加したくなるウエディングドレスを使用したイベントの企画

企画名「AFTER WORK DRESSING」

植田裕貴(電通テック)

受賞者コメント

この度は協賛企業賞に選出していただきましてありがとうございます。こんな企業さまと企画を実現してみたい、と感じたのが今回の応募のきっかけでしたのでとても嬉しいです。

プレ花嫁というターゲット像は自分と大きく離れているように思いましたが、あえて自分だったらどういうことが嬉しいかを考えていたとき、毎日忙しくも楽しく働く女性の姿が浮かびました。そしてそれは渕上ファインズ様で働く従業員の皆さまの姿にも重なるように感じたのがこの企画の原点です。今後もプランナーとしてさまざまな企業さまと課題を乗り越えていけるよう、日々精進致します。


課題 プロトコーポレーション

クルマ購入検討者が、『グーネット』に飛びつくようなぶっとんだ企画

企画名「免許買取ります」

仲島由佳子(デザインワン・ジャパン)

受賞者コメント

私は普段、グーネットさまと同じようなWebサービスを運営する事業会社で自社サービスの広報の仕事をしています。今回、初めて販促コンペに参加し他社サービスの販促を考える機会をいただきましたが、とても学びの多いものでした。

販促企画を考える上で、自社広報業務と共通して感じたのは、どのWebサービスにも、「これがあったら世の中が便利になる」と考える企画者がいて、デザイナ―がいて、エンジニアがいて、販促・営業をしてサービスを広める人がいるということです。誰が抜けても成り立ちません。すべての方々に敬意を表し、すばらしい賞をいただけたことに心より感謝を申し上げます。


課題 ライオン

「"ソフラン"がいい!」と思って購入いただける販促プロモーション

企画名「ソフRUN」

関口愛(フリーランス)、関口智也(ADKクリエイティブ・ワン)

受賞者コメント

この度はすばらしい賞を頂き、誠にありがとうございます。今回企画を考えるにあたり「自分自身がワクワクするかどうか」を意識しました。目に見えず店頭で実感しにくい「効果」を、より自然に理解し共感してもらうためのコアアイデアを見つけることに一番苦労しました。

「ソフRUN」というワードが出てからは、アイデアがパズルのようにピタッとはまっていく感覚で企画ができた上、結果としてこのような素敵なゴールにつながったことがとても嬉しいです。今後も、商品が売れるだけでなくワクワクするアイデアを考え、また販促コンペに挑戦したいと思います。


課題 リクルートマーケティングパートナーズ

勉強するなら「スタディサプリ」と高校生に思ってもらえる企画

企画名「YELL CASE」

久田伸(日宣)

受賞者コメント

勉強キライ。だって面倒だし、退屈だし、孤独だし、部活の方が楽しいし。そんな高校生だった自分を、仮想のブレスト相手にして企画しました。「いいから、とりあえずスタディサプリ開けって!」当時の自分にそう告げて、「YELL CASE」を差し出してやりたいです。

リクルートマーケティングパートナーズの皆さま、栄えある賞にお選びいただき、誠にありがとうございます!プロモーションを考え実現するよりも、サービスそのものを考え実現するほうが、はるかに大変なことと想像します。ひとりでも多くの学生が、「スタディサプリ」で自分の夢に近づけますように!

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する