販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

次世代型の中華ファストフード開店 素材のうまみ生かしたメニューで新風

ラフォーレ原宿、Chipoon(チプーン)

ラフォーレ原宿に2018年12月8日、「中華料理の新しいファストフード」を提案する中華料理専門店「Chipoon(チプーン)」がオープンした。同店は、銀座の有名中華料理店「Renge Equriosity」のオーナー・西岡英俊氏がプロデュース。シンプルな料理を心がけるという西岡氏による、化学調味料を使わず素材本来のうまみを生かしたファストフードを提供する。

メニューは、バーガー2品とヌードル2品。うち、3品は完全菜食主義者も食べられるビーガン対応だという。鶏肉のような食感の湯葉チャーシューを中華まん風バンズで挟んだ「湯葉チャーシューバーガー」、卵不使用の麺と動物性食材の入っていないスープを組み合わせた「ヴィーガンヌードル」など、ファストフードにもかかわらず、健康的であることも特徴。ラフォーレ原宿は「これまでにない最先端の中華料理“ビヨンド中華”をぜひお楽しみください」とした。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する