IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

UP TO WORKS

瑛太、竹原ピストルがミドルエイジの等身大を演じるマック新CM

「ビッグマックなんて」篇(30秒)

後輩:お先です

永山:お疲れ

心の声(永山):ゆとりはないし......

竹原:申し訳ございません

心の声(竹原):さとりもしないけど......

永山:だからどうした!
行くか!

竹原:行こうか!

永山:俺たちまだまだ

永山+竹原+S:ビッグマックなんて、ペロリだよ。

S:REMEMBER,BIGMAC

NA:BIG MAC!

CI

日本マクドナルド/ビッグマック®
「ビッグマックなんて」篇
テレビCM、Web動画

「ビッグマックを卒業した人たち」がターゲットという明快な指針を立てられたのは大きかったと思う。普段食べている人はどうか普段通り食べてくれればいい。「食べたら元気になる」そう見られたがる、多くの食品に共通する売り手の欲望がある。そんな中ビッグマックは「それを食べること自体がすでに元気の証」という、皆がひしめく窮屈な場所のひとつ手前に、気持ちの接点がつくれる存在だと思った。

コピーの真ん中に商品名を置けることはあまりなく、これもビッグマックの地力の賜物だ。足掻くことは滑稽で、もしかしたら古臭い。でも見方によっては愛しい。ミドルエイジの負け惜しみのような、意地のようなコピーがどう受け入れられるのか楽しみだった。この不器用さを、鼻で笑うような世の中でなければいいなと願っている。どうせいつかはペロリが、ギリになり、ムリになる。だからせめてそれまでは、僕自身もこんな感じでいたい、からこそ。
(TUGBOAT クリエイティブディレクター 麻生哲朗)

  • 企画制作/TUGBOAT+電通+ビーコンコミュニケーションズ+東北新社
  • CD+企画+C/麻生哲朗
  • AD/碓井達朗、小林千秋
  • CPr/宮崎剛
  • Pr/野中直、岡村龍之介
  • PM/宮田真美、木元直也、工藤ユリア
  • 演出/平田大輔
  • 撮影/近藤哲也
  • 照明/溝口知
  • 美術/栗林由紀子
  • 音楽/山田勝也
  • フードST/左近充英子
  • ST/RIKU OSHIMA
  • HM/七絵、二瓶和美、高木大輔(サブキャスト)
  • AE/國政裕子、落合慎吾、佐伯悠
  • 出演/永山瑛太、竹原ピストル、TAKUMI、福永拓海

UP TO WORKSの記事一覧

UP TO WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る