IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

「お母さんに感謝を伝えようと思ってもらえれば」ユニクロ母の日の新聞広告

01

「お母さんにありがとうを贈ろう。」

母の日のプレゼントは、
いらないからね。本当に。

お母さんは、
ときどき嘘をつく。

疲れてても「大丈夫」って言う。
お菓子がひとつしかなかったら
「お腹いっぱいだから」って言う。
母の日のプレゼントだって
「いらないよ」って言うんです。

でも、母の日を忘れてる
お母さんはいません。
心のどこかでは、
あなたの「ありがとう」を
きっと楽しみにしてるはず。

だからちゃんと伝えよう。
どんな形だって
きっと喜んでくれるから。

お母さんに
ありがとうを
贈ろう。

02

「ふだんの日もありがとうを贈ろう。」

母の日だけが、母の日じゃない。

母の日が終わりました。
でもお母さんの日々は終わらない。
今日も明日も忙しい毎日がつづきます。

ありがとうだって、
終わっちゃいけないな、って思うのです。

特別な日にリボンをつけて渡す
「ありがとう」も素敵だけれど、
何でもない日のさりげない
「ありがとう」も同じくらい大切だから。

つぎの母の日まであと1年。
それまで待つんじゃなくて、
どんな形でも。何度でも。

ふだんの日も
ありがとうを
贈ろう。

ユニクロ/母の日ギフト
「お母さんにありがとうを贈ろう。」
新聞

「商品を売ることよりも、お母さんに感謝を伝えようとひとりでも多くの人に思っていただけるものにしたい」というUNIQLOの方々の想いを受けて。「子どもからのありがとうは、最高に嬉しいからこそ、やっぱり、心のどこかで楽しみにしている」そんなお母さんの愛すべき本音が、チャーミングに、ユーモラスに届くよう、この仕事に関わった全ての人が尽力してくれました。笑った!泣いた!お母さんに感謝を伝えようと思った!お母さんがおねだりのツールとして活用してきた!

「広告は、こんなにも人を元気に、幸せにできる仕事なんだ」広告業界で働く母として、一人ひとりのツイートから、思わぬプレゼントをいただいた2022年の母の日でした。
(電通 クリエイティブディレクター 井戸真紀子)

  • 企画制作/電通+sora
  • CD/井戸真紀子
  • AD/玉置太一
  • C/栗田雅俊、真子千絵美
  • D/菅原良太、田口美希
  • I/けらえいこ
  • メディアプランナー/赤松英治、田中僚、荒川里彩、岡村莉紗子
  • AE/前田浩行、三浦良晃、寺倉靖明、宮脇くるみ
  • 印刷/精美堂
  • 掲載/読売(01:5/6、02:5/10)

UP TO WORKSの記事一覧

UP TO WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る