広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

マーケティングの本質的課題にどう使う? テクノロジーオリエンテッドではない、「デジマ」の未来を語る

トライベック・ストラテジー

2018年に向けて重要になる「エクスペリエンス・クオリティ」

企業のデジタルマーケティング支援を行うトライベック・ストラテジーが12月13日、企業のマーケティング責任者および担当者を対象に、東京・赤坂インターシティコンファレンスで「T-CONFERENCE」を開催する。今回のカンファレンスのテーマは「デジタルマーケティングNEXT」だが、同社・代表取締役社長の後藤洋氏は「最先端の技術を紹介する、デジタルテクノロジーの"NEXT"を語る場にするつもりはない」と説明する。

さらに「デジタルマーケティングが重要であるという認識はすでに浸透しているが、テクノロジーオリエンテッドな"NEXT"ばかりが語られすぎているのではないか、という問題意識を抱いていた。私たちは2001年の創業以来、デジタルはあくまで道具であり、それをどう使うべきかを考えるマーケティング戦略が最も重要と考えてきたが、この考えを反映したコンテンツを企画している」と続ける。

テクノロジーオリエンテッドではない、デジタルマーケティングのNEXTとは何か。トライベック・ストラテジーでは、今回のカンファレンスを皮切りに2018年に向け「量から質、エクスペリエンス・クオリティの向上」をひとつの指針として打ち出していこうと考えている。

「ツールを導入するだけでなく、そのツールを使って、どう顧客エクスペリンスの質を高めていくかが本質的なマーケティング課題の解決につながるはず」と後藤氏は自ら掲げた指針を説明する。

さらに「今回のカンファレンスではデジタルではない、3つのオリエンテッドの重要性を発信していきたいと考えている」と後藤氏 ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Pick Up!(PR) の記事一覧

「何を」「いつ」測定するか目的の明確化がデータ活用の肝
25万人以上の医師ネットワーク 医師の推奨が信頼感を高める
LIFULL、長谷川工業に聞く、新しい組織・人材・マインドセットとは?
マーケティングの本質的課題にどう使う? テクノロジーオリエンテッドではない、「デジマ」の未来を語る(この記事です)
膨大なデータを可視化することでマーケティング活動の精度を高める
ECサイトの売上に悩むプロジェクトリーダーのための実践ブランディング入門
津川雅彦さんと垂水佐敏さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡ーテレビ・録画機器・カメラの広告篇(1)
ポスティング×デジタル施策で店舗の売上がアップ、位置情報を活用した広告配信
日経新聞が企業の「情報戦略」構築を支援、ニュースをビジネスに「使いこなす」時代
第一興商が動画でニッチなターゲットのマジョリティ化、ママのカラオケ利用促進につなげる
相乗効果はハイブリッド(混合)思考で生まれる!
ユーザーに価値ある情報を提供する「コンテンツレコメンデーション」の可能性
レシピ動画が流通から高評価、20・30代女性の購入を促す亀田製菓の戦略とは
ターゲット設定の「答え合わせ」に活用する、動画広告活用の新機軸
宣伝と販促を一気通貫 コミュニケーション設計とKPI設計
お客さまの変化を柔軟にとらえ、ブランド戦略を再構築せよ
「顧客視点」の経営方針が生み出した JAL流コンテンツマーケティング
情報感度の高いF1層が支持する ファッション動画マガジン「MINE」、5つの魅力
森本千絵さん、今尾朝子さんと考える「もっとママクリエイターが活躍するには、どうしたらいい?」
ブランドの世界観や魅力を長尺動画で伝える 「価値観」でターゲティングする新メディア
TABI LABOが立ち上げた「ブランドスタジオ」とは?
星野知子さんと草川衛さんに聞く、​パナソニック宣伝100年の軌跡-​調理家電​の広告篇
コーセー 「How to 動画」を購入後のコミュニケーションに活用

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する