広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

コーセー 「How to 動画」を購入後のコミュニケーションに活用

エブリー

マスカラやアイブロウ、リップなどを展開するコーセーのトータルコスメブランド「FASIO(ファシオ)」。その機能性の高さを分かりやすく訴求するために、美容に強みを持つ動画メディア「KALOS(カロス)」を活用している。施策の狙いから成果まで、コーセー宣伝企画・PR課の小林祐樹氏とエブリー「KALOS」編集長の田原朋恵氏に聞いた。

(左)エブリー 「KALOS」編集長 田原朋恵氏 
(右)コーセー 宣伝企画・PR課 小林祐樹氏

「KALOS」で動画配信 美容に関心の高いユーザーに訴求

小林:私が担当している「FASIO(ファシオ)」は、機能的価値を打ち出しているトータルコスメブランドです。例えばマスカラであれば、ウォータープルーフ(防水加工)の強さが特徴のひとつで、落ちにくいマスカラとして多くの方にご愛用いただいています。

また、アイブロウであればチップオンタイプで簡単に“ふわ眉”が完成する商品もご好評いただいています。女性が抱えている悩みや実現したい理想に合わせて機能的な商品を展開しているので、ターゲットを年齢で区切っていないブランドです。

田原:コーセーさんの女性に寄り添った商品展開やプロモーションに、非常に共感しています。私たちKALOSも、美容を中心に女性が興味を持つ情報を発信しています。コーセーさんとお取り組みさせていただくことで、さらに女性に役立つ動画をユーザーにご提供できるのではないかと思っています。

小林:もともと商品の購入前だけでなく、購入後のコミュニケーションも大事だと思っていて、アフターフォローにつながる“How to 動画”には注目していました。KALOSさんは、メイクに関心のある層をしっかり囲いこんでいる印象があって、商品の使い方や機能性を伝えるための動画施策をお願いしています。

田原:KALOSは美容を軸に運営しており、90%以上が日本国内の美容に関心を持っているユーザーです。

小林:かれこれ1年半ほど一緒にお取り組みしていますが、毎回、商品の魅力を分かりやすく、コンパクトにまとめてくれています。最近ではSNS上での展開だけでなく、自社のブランドサイトでも動画を2次利用しているほど、クオリティに満足しています。

田原:ありがとうございます。FacebookやInstagramなどのSNS上で配信する動画においては、再生率や視聴維持率が重要な指標のひとつです。例えば「FASIO」の“ふわ眉”を打ち出した「チップトリック パウダー アイブロウ」の動画では、冒頭シーンで「落ちにくい“ふわ眉”はどうすればつくれるのか」という多くの女性の悩みを提示することで興味喚起し、再生率を高めています。その後は、ステップを細かく、分かりやすく見せることが重要です。

また、本商品がウォータープルーフなので、手に描いて水を掛けても落ちないことを見せるといったシーンも提示し、さらに商品理解を深めています。コーセーさんとお取り組みしている動画の視聴維持率は、30%を超えることが多く、多くのユーザーに最後まで視聴いただいています。

話題のテレビドラマともコラボ 店舗の棚にも動画配信

小林:先日、テレビ番組とKALOSさんのコラボ企画を実施しました。コーセーはフジテレビのドラマ「人は見た目が100パーセント」に番組提供しており、インフォマーシャルで紹介したメイクやヘアスタイルの”How to 動画”をKALOSで制作・掲載してもらったんです。

田原:新しい取り組みにチャレンジすることができ、私たちにとっても貴重な機会でした。

小林:実は、他の動画メディアにも声を掛けたのですが、即日で快諾してくれたのがKALOSさんでした。そうした機動力も、私が評価している点です。

田原:コーセーさんが提供している番組であれば、美容をテーマにした私たちのコンテンツがコラボレーションさせていただくことで、相乗効果を生み出せるに違いないという確信がありました。

小林:「FASIO」専用の棚が設置されている店舗でも、KALOSさんと制作した動画を流しています。これまでは当社がつくった動画だったのですが、クオリティやコスト面などをトータルで考えて判断しました。

田原:最近はSNSだけでなく、店頭で見られることを意識して動画を制作するようにしています。店頭で「FASIO」の棚の前に立ち止まるのは、商品に興味を持っている方や購入を迷っている方たち。そういった方には、商品の機能性の高さを詳細に伝えた方が購入につながりやすいのではないかと思い、“How to 動画”をご提供しています。

How to 動画「落ちにくい ふわ眉の作り方」

テレビドラマ「人は見た目が100%」とコラボレーションして制作した動画。

他メディアとのコラボ企画やイベント連動の可能性も

小林:おかげさまで「FASIO」の売上も好調に推移しています。ここ数年は、過去最高の売上げを更新し続けています。動画も、視聴データから継続的にお客さまに見てもらえていることがわかり、よいサイクルができてきたと感じています。KALOSさんとはテレビ局との取り組みだけでなく、例えば出版社との企画にも入ってもらうなど、「FASIO」というブランドを一緒に盛り上げていただきたいなと思っています。

田原:はい、様々なお取り組みを通して、ユーザーに「FASIO」をはじめとしたコーセーさんの商品の良さをお伝えしていきたいです。

「FASIO」ブランドページでKALOSの動画を2次利用。

「KALOS」を選んだポイント

POINT 1 ▶ 美容・メイクに関心の高い層をユーザーとして抱えている
POINT 2 ▶ 動画のクオリティが高く、自社Webサイトや店頭で2次利用できる
POINT 3 ▶ 突然の相談にも、迅速に対応してくれる機動力の高さ

    お問い合わせ

    株式会社エブリー
    〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル4F
    TEL:03-6434-0874
    URL:https://corp.every.tv/
    E-mail:info@every.tv

Pick Up!(PR) の記事一覧

ターゲット設定の「答え合わせ」に活用する、動画広告活用の新機軸
宣伝と販促を一気通貫 コミュニケーション設計とKPI設計
お客さまの変化を柔軟にとらえ、ブランド戦略を再構築せよ
「顧客視点」の経営方針が生み出した JAL流コンテンツマーケティング
情報感度の高いF1層が支持する ファッション動画マガジン「MINE」、5つの魅力
森本千絵さん、今尾朝子さんと考える「もっとママクリエイターが活躍するには、どうしたらいい?」
ブランドの世界観や魅力を長尺動画で伝える 「価値観」でターゲティングする新メディア
TABI LABOが立ち上げた「ブランドスタジオ」とは?
星野知子さんと草川衛さんに聞く、​パナソニック宣伝100年の軌跡-​調理家電​の広告篇
コーセー 「How to 動画」を購入後のコミュニケーションに活用(この記事です)
日清オイリオ ドレッシングの新しい使用法を動画訴求で認知を5倍に
ビッグデータ時代のDMは、お客さまの「コンシェルジュ」の役割を果たせる
パフォーマンスを最大化させるデータ活用セミナー「手数を増やす」フェーズから「ムダを無くす」フェーズへ
消費者の『承認欲求』とどう向き合うのか?住友生命保険、日本ケロッグ、BAKEのブランド戦略
3ミニッツによる「サッカー日本代表戦」プロモーション F1層にトレンドを生むインフルエンサー施策
男心にスイッチを入れるコンテンツマーケティングとは?ユニリーバ、パナソニック、Lexus、JIONが登壇
鍵は『完パケ発想』からの脱却 施策全体を俯瞰する視点でROIを最大化する
問われたのは「イノベーションとは何か」コードアワード2017贈賞式レポート
黒木瞳さんと一倉宏さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡-住宅設備・電気設備の広告篇
広告×AIで、何が実現するのか--広告配信の近未来
20~30代女性から絶大な支持を集める動画メディア「KALOS」の戦略
大戸屋 人気メニューを「DELISH KITCHEN」でレシピ動画化、20~30代女性の来店を促進

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する