広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

浅田真央選手がサイネージを滑走するOOH

アウトドア(吉田勝広)

浅田真央選手がサイネージを滑走する

119_01.jpg

JR品川駅のサイネージを滑走する浅田真央選手(イメージ:画像を合成しています)。

3月24日から1週間、フジテレビジョンは、「世界フィギュアスケート選手権」の番組宣伝でOOHメディアを使った。JR東日本の電車内にあるデジタルサイネージ、JRトレインチャンネルでは、浅田真央選手が「五輪で叶わなかったショートとフリー2つそろえるのが目標です」と大会に懸ける思いを語った公式記者会見の様子のCMをニュース風に放映し、期待感を高めていたのが印象的だった。

驚いたのはJR品川駅の自由通路にあるJ・ADビジョンでの展開だ。中央改札から港南口に向かうこの通路には、65インチのデジタルサイネージが左右の柱の上にほぼ7m間隔で44面(片方向両側11面づつ)設置してある。この連続するサイネージ間を選手がジャンプなどの演技をしながら滑り抜ける姿を放映したのである。まるで、駅の通路がスケートリンクになったようで、浅田、町田、村上、鈴木、羽生の各選手が左右往復で約140mを滑走した。この媒体の特性をうまく活かした広告展開で、他のメディアでは真似はできないだろう。スピード感あふれる映像は、全日本選手権の時の映像から人物だけを切り抜き、バックを黒にして作成したとのこと。この処理だけで1週間もかかったそうだ。素材もサイネージ毎に映像が違うので22種類用意するなど大変手の込んだものだが、見事に成功していた。

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ボランティアで音楽イベント参加「RockCorps」日本に上陸
国際化する吉本芸人とシリコンバレーの新たな結合
浅田真央選手がサイネージを滑走するOOH(この記事です)
日本プロモーショナル・マーケティング学会が総会を開催
愛知新聞、大分合同新聞など読者限定電子版の取り組み
放送倫理検証委員会による「ほこ×たて」「明日ママ」への見解とは
観光・地域マーケティング研究会の取り組み
大手広告主の主要課題は「販売に直結するコミュニケーション」がトップに
GNZO(群像)の時代
日本マーケティング学会「知のコミュニティ」形成する取り組み
カーテンで試着室を再現した、ワコールのOOH
新しいイベントの形「アイデアソン」とは何か?
震災から3年の節目、岩手日報・河北新報・福島民報が号外発行
インターネット視聴は定着したか?ソチ五輪を振り返る
プロモーショナル・マーケター認証資格試験に530人が合格
欧米のカンファレンスはなぜ、業界問わず盛り上がるのか?
オリンピック・パラリンピックのレガシーを整理する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する