広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

カーテンで試着室を再現した、ワコールのOOH

アウトドア(吉田勝広)

117_01.jpg

ワコールは、本物のカーテンを使いテレビCMの世界観さながら、訴求ポイントである試着室を想起させた。閉められたカーテンを開けて中を見る通行者の女性達。

カーテンで試着室を再現

3月3日から1週間、ワコールは「女神のヒミツ ビーナスフィットブラ」のプロモーションでOOHメディアを使った。丸ノ内線の新宿駅にある高さ約2m、左右14mの大型ボードには、等身大のモデルの中村アンさんの姿が3ポーズ見える。テレビCMの世界観さながら、試着室から出た瞬間を表現しているようだ。「こんなつけごごち、初めて!」とふきだしでせりふも伝えている。カーテンは本物の布地を使いリアルな感じを出しているが、CMのものとは違い、長さは少し短い。よく見ると、カーテンの下から足だけが見えている場所が3カ所あった。通行者がそのカーテンをめくると、別なポーズの中村さんが見えた。男性には勇気がいるが、同行してもらった女性はめくりたくなると言う。わざと足だけを見せて、誘導するうまい仕掛けだ。

一方、「その驚きは、試着室で」と書かれた脇には、「試着室はこちら。」と最寄りの百貨店などの店舗名が7カ所、方向を示す矢印とともに書かれてあり、来店を促していた点もOOHらしい表現だ。ワコールは、店舗に心とからだにフィットする下着選びのお手伝いをするビューティーアドバイザーがいるくらい、サイズ選びの重要性を訴えている。試着室はそれが行われる重要な現場だ。試着アンケートでは、つけごごち(触感)は100%の人がよかったと答え、カップのフィット感は98%の人がよかったとしている。さらに、90%の人が胸の谷間ができたなど、試着は購入の決め手にもなるに違いない。その訴求ポイントをカーテンで再現し想起させるのは、うまいOOHの使い方だろう。

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

大手広告主の主要課題は「販売に直結するコミュニケーション」がトップに
GNZO(群像)の時代
日本マーケティング学会「知のコミュニティ」形成する取り組み
カーテンで試着室を再現した、ワコールのOOH(この記事です)
新しいイベントの形「アイデアソン」とは何か?
震災から3年の節目、岩手日報・河北新報・福島民報が号外発行
インターネット視聴は定着したか?ソチ五輪を振り返る
プロモーショナル・マーケター認証資格試験に530人が合格
欧米のカンファレンスはなぜ、業界問わず盛り上がるのか?
オリンピック・パラリンピックのレガシーを整理する
郷土愛をくすぐる「ご当地OOH」事例集
正月の新聞紙面「広告も注目する人」は56.5%
医療マーケティングの課題とは何か
2014年度のテレビ・ラジオ営業収入、3年連続増収の見通し
受験生のインサイトを突く交通広告まとめ
プロモーションがメーカー営業スタッフの重要なテーマに
イオンモール幕張新都心に見る「能動体験」によるイベントの効果

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する