日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PR JOURNAL

まさかの大雪もPR材料に、六本木にスイスが上陸

在日スイス大使館

002_01.jpg
002_04.jpg

まさかの「大雪」もPRの材料に、"六本木スイス化計画"とSNS発信
期間中の2月8日は、大雪に見舞われやむなく中止に。まさかという不測の事態だったが、雪降る会場の様子をSNSで発信。「思惑通りではないですが、結果的に「大雪」もPRの材料に。"雪だからこそ、もっと楽しめる!"とスイスの発想を生かし、翌朝の雪かきをはじめ、イベントの最終日を一層盛り上げました」(スイス大使館プロジェクト・マネージャー)。

“六本木にスイスがやってくる”のコンセプトのもと、日本とスイスの国交樹立150周年を記念したイベント「SWISSDAYS(スイス・デイズ)」が、2月6日から9日に渡り、六本木ヒルズアリーナで開催された。スイスと日本は、1864年2月6日に最初の修好通商条約を締結。それから150年目を迎えた今年、本イベントの主催でもある在日スイス大使館は、国交樹立周年を記念したさまざまな行事を予定しており、「スイス・デイズ」はその公式開会イベントとして位置付けられている。

イベント初日となる6日に開催された開会式では、スイスのディディエ・ブルカルテール大統領夫妻のほか、日本・スイス国交樹立150周年親善大使を務めるタレントの春香クリスティーン(スイス・チューリッヒ出身)、元・在スイス特命全権大使の國松孝次氏、シェフの三國清三氏、69年に当時の世界最年少でアイガー北壁登頂に成功した、モンベル創設者の辰野勇氏、スイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者の山田和樹氏らが登壇し、イベントの開催を祝福。式典後には、伝統楽器のアルプホルンをジャズ風に演奏するライブや、スイス相撲「シュヴィンゲン」のデモンストレーションが行われ、注目を集めた。当日の来場メディアは国内メディア113人、スイスメディア6人。期間中、スイスさながらの大雪に見舞われるハプニングもあったがニュース番組を中心に、イベントの様子は多くのメディアで報じられた。

あと25%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PR JOURNAL の記事一覧

20分の熱い映像で、次のステージへ
若手社長が新郎役。ブライダル4社が結婚式風の記者会見
まさかの大雪もPR材料に、六本木にスイスが上陸(この記事です)
宇都宮餃子、首位奪還達成の裏に熱すぎるPR
欧州の主要メディアも駆け付けた、「30億円の額縁」から見る九州
ゆるキャラ、2014年の「エリート」は誰?
大寒のスカイツリーに「甘酒足湯」がお目見え
電通が発案、9社合同の「汐留女子会」に600人
フレンチで「土のフルコース」!?BBC、CNNも認めた逆転発想のPR
公道を封鎖して行われたドリカムのライブに、ファン8000人が熱狂
バーニーズのショーウインドー、ユーミンが一晩限りのサプライズ
留学生倍増へ、官民あげてアピール
特製マスクが鍵、 話題を集めたルイ・ヴィトンの体感型デジタル展示
一足早く年賀ムード、サトウの鏡餅が出発式

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する