日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PR JOURNAL

宇都宮餃子、首位奪還達成の裏に熱すぎるPR

宇都宮市

006_01.jpg

「最後の“一皿”お願いします」街頭での選挙活動
2012年の衆院選のタイミングで、天狗とミヤリーによるギョーザの選挙活動を市内で展開。選挙カーで市内を周り、街頭演説も行った。「候補者の方々とすれ違う時は、ちょっと気まずかったですね......」。

1月31日午前8時半、宇都宮市役所。多くの報道陣が詰めかけ、見守る先は市の職員が操作するパソコンだ。総務省のホームページで更新されたばかりの昨年の「ギョーザ年間購入額調査」の最新情報を確認すると同時に、歓声が湧き上がった。

ニュース番組や新聞などでも話題になった、宇都宮の「ギョーザ購入額日本一奪還」の話題。その陰には、静岡県浜松市に首位を奪われた3年前にスタートしたPR活動「ギョーザ日本一奪回運動」の取り組みがある。

商工関係者らが立ち上げた「奪還推進委員会」は、誇りを傷つけられて鼻が折れた「宮の天狗様」というキャラクターを制作しPR活動を展開。タレントの「奪還アイドル」就任や、市のマスコットキャラクター「ミヤリー」による“ギョーザダンス”、販促物を制作してのスーパーへの消費拡大の呼び掛けなど、「地道にあの手この手で取り組んできた2年間」(市都市ブランド戦略室)の努力が実を結んだ。「どれが特に効いた、などはなく、“(奪還して)皆で美味しいお酒が飲みたい”の一心で取り組んできた活動。市民の方々にもその熱い思いが伝わったのではと思います」。

あと42%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PR JOURNAL の記事一覧

20分の熱い映像で、次のステージへ
若手社長が新郎役。ブライダル4社が結婚式風の記者会見
まさかの大雪もPR材料に、六本木にスイスが上陸
宇都宮餃子、首位奪還達成の裏に熱すぎるPR(この記事です)
欧州の主要メディアも駆け付けた、「30億円の額縁」から見る九州
ゆるキャラ、2014年の「エリート」は誰?
大寒のスカイツリーに「甘酒足湯」がお目見え
電通が発案、9社合同の「汐留女子会」に600人
フレンチで「土のフルコース」!?BBC、CNNも認めた逆転発想のPR
公道を封鎖して行われたドリカムのライブに、ファン8000人が熱狂
バーニーズのショーウインドー、ユーミンが一晩限りのサプライズ
留学生倍増へ、官民あげてアピール
特製マスクが鍵、 話題を集めたルイ・ヴィトンの体感型デジタル展示
一足早く年賀ムード、サトウの鏡餅が出発式

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する