日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PR JOURNAL

ゆるキャラ、2014年の「エリート」は誰?

編集部レポート

002_01.jpg

東京タワーに大学のゆるキャラ集結入試シーズン前に受験生にエール
受験生応援のサクラ色にライトアップされた東京タワーの点灯式には、ノッポンと大学キャラクターが登場し、受験生にエールを送った。

今年も「ゆるキャラ」フィーバーは続くのか――。地域起こしのシンボルとして全国各地の自治体から続々誕生したゆるキャラたちが、地元の枠を飛び越えてテレビなどを通じてお茶の間を賑わせている。

昨年12月31日に放映されたNHK紅白歌合戦。ゆるキャラ界の王者くまモンとの"共演"を果たしたのが、千葉県船橋市の非公認キャラ「ふなっしー」。しゃべらないというゆるキャラ界の暗黙のルールを破ったその個性的なキャラクターが人気を博している。このほど江崎グリコの「プリッツ」とタイアップし、「梨汁ブシャー味」が発売され、こちらも売れているという。

センター試験前日の1月17日。東京都港区の東京タワーで、受験生応援イベントが開かれた。主催は全国15大学のほか、「きっと勝つ」にちなんで「キットカット」のプロモーションを行うネスレ日本。ゆるキャラはすでに自治体の専売特許ではない。青山学院大や静岡大、法政大などのゆるキャラが集結し、東京タワーのキャラクター「ノッポン」も参加して場を盛り上げた。受験生を応援して、タワーはこの日、桜色に頼後アップされた。

イベントのほかテレビ番組出演、CM出演などさまざまな場で脚光を浴びているが、人気の「エリート」はほんの一握り。出世するには、アイドル並みの努力が必要な世界なのかも知れない。もっとも、本来の目的は地域振興のはず。地元に愛され、地域に還元する仕組みをつくりたい。

PR JOURNAL の記事一覧

欧州の主要メディアも駆け付けた、「30億円の額縁」から見る九州
ゆるキャラ、2014年の「エリート」は誰?(この記事です)
大寒のスカイツリーに「甘酒足湯」がお目見え
電通が発案、9社合同の「汐留女子会」に600人
フレンチで「土のフルコース」!?BBC、CNNも認めた逆転発想のPR
公道を封鎖して行われたドリカムのライブに、ファン8000人が熱狂
バーニーズのショーウインドー、ユーミンが一晩限りのサプライズ
留学生倍増へ、官民あげてアピール
特製マスクが鍵、 話題を集めたルイ・ヴィトンの体感型デジタル展示
一足早く年賀ムード、サトウの鏡餅が出発式
「嘘はつかない」「お客さまのせいにしない」トヨタ・広報部長などー日本広報学会レポート
お笑い芸人NONSTYLEの井上裕介、SNSへの「半端ない覚悟」が好感呼ぶ
従業員32万人に届け。日立がグループビジョンを歌に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する