販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第12回販促コンペ 贈賞式レポート

約5カ月に及ぶ「販促コンペ」のトリを飾るのが贈賞式だ。例年より列席者を絞り込み、さらに会場内の感染予防を行ったうえで、東京都内で開催。各賞の贈賞が行われ、第12回販促コンペが締めくくられた。

概要

コロナ禍における約5カ月間

9月、東京都内で「第12回 販促会議 企画コンペティション」の贈賞式が、人数制限、感染予防を行う中で開催された。会場に集まったのは、受賞者、審査員、協賛企業各社。4月1日の課題発表から約5カ月に及んだ今年度の販促コンペの集大成となる。贈賞式が執り行われるホール前には、受賞作品のパネルがずらりと並んだ。

式が開始され、コンペについての説明と審査員、協賛企業が紹介された。そしていよいよ、受賞作品の発表に移る。

協賛企業賞・審査員個人賞

協賛企業はこれからの実施を検討していく

最初に発表されたのは、協賛企業賞25作品とその受賞者。協賛企業の代表として、クレディセゾンの植田直宏氏(ブランディング戦略部 部長)と、東亞合成の松田明彦氏(接着材料事業部 コンシューマ部 部長)から、それぞれの協賛企業賞を受賞した佐々木剛哉氏、西内健二氏に授与をした。

続いては審査員個人賞。最終審査員各個人が「上位入賞は逃したが光るものがあった」「今後に期待できる」といった観点から選出した賞だ。桜田圭子氏が代表し、キリンホールディングスの課題に対する企画「365日の誕生ビール」の企画者、関谷拓巳氏、高瀬雄大氏に審査員個人賞を贈った。

シルバー

シルバー3作品を発表

さらに発表は続く。ここからはシルバー以上の上位入賞作品の発表だ。出席したファイナリストに伝えられているのは、「上位7企画に入った」ことのみ。ここで初めて、どの賞を受賞したのか知ることになる。会場の緊張感は一気に高まった。

受賞企画の発表は、嶋野裕介氏、石田琢二氏、児玉昌彰氏がそれぞれ行った。

3本のシルバーを受賞したのは、「実質3.5万円のお引越し」(浅倉涼花氏・嶋元司氏)、「瞬間予防アロンアルフアコーティング」(北浦俊氏・大川将平氏)、「こども特等席」(竹内隼矢氏・佐脇風里氏)だ。賞状と、賞金10万円が贈られた。

ゴールド

ゴールド2作品を発表

残るはゴールド2本、グランプリ1本の計3本だ。ゴールド2本の発表・贈賞を、尾上永晃氏・藤井一成氏と、吉柳さおり氏・奥谷孝司氏がそれぞれ行った。受賞したのは、「SET BACK」(永井絢氏・江野秀一氏・徳光一蕗氏)、「PayPayこどもフリマ」(永田優太朗氏・脇田菜穂子氏・三橋智樹氏)だ。賞状、トロフィー、賞金20万円が贈られた。

グランプリ

グランプリは企画とデザインの勝利

最後に、6139企画の頂点に立つグランプリが発表された。審査員長の嶋浩一郎氏が読み上げたのは、菅原由佳氏、藤巻百合香氏が企画した「キャッツアイセイケース」だ。長田麻衣氏からトロフィーが、井上忠司氏からは賞金100万円の目録が手渡された。

企画を藤巻氏が考え、デザインを菅原氏が考えて形となった本企画。藤巻氏は、「自身がコンタクトを使っていく中で洗うのが面倒くさいと感じていて、それを解消したいと考えたのがこのアイデア。自分が欲しいと思うアイデアを考えられて、楽しい企画でした」と喜びを述べた。審査員からは、そのアイデアから、アウトプットまでのデザインが評価され、まさに2人で勝ち取った受賞である。

嶋氏は総評として「この賞は、立場関係なく、どう人を動かすのかを考えていきます。リアリティや、インサイト、フィジビリティなども見ていますが、一番大事なのはクリエイティビティ。なるほどその手があったかと思えるか。今回グランプリのコンタクトレンズを猫の目にして確認するというアイデアは、まさにその手があったかという内容でした」と述べた。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する