販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

徹底的な現場主義で企画を検討 販促コンペ最終審査会レポート

8月初頭、第12回販促コンペの最終審査会が実施された。ファイナリスト28本の中から、グランプリ、ゴールド2点、シルバー3点を選出した。白熱した審査会の様子をレポートする。



ファイナリスト28本 28/6139

選出理由を確認

1人6本に再投票
暫定シルバー以上の上位5本が決定 5/6139

「PayPayこどもフリマ」 10票
「キャッツアイセイケース」 7票
「SET BACK」 7票
「こども特等席」 6票
「実質3.5万円のお引越し」 5票

同じ4票を獲得した6作品の中から上位賞候補に1本選ぶ

「ZOZOMASK」
「『新麦』シール」
「プラスープ」
「ご当地ヘッドレストカバー」
「瞬間予防アロンルフアコーティング」
「♪たん・たか・たん クイズ♪」

投票の結果、「瞬間予防アロンアルフアコーティング」が上位入賞

シルバー以上が決定 6/6139

「PayPayこどもフリマ」 10票
「キャッツアイセイケース」 7票
「SET BACK」 7票
「こども特等席」 6票
「実質3.5万円のお引越し」 5票
「瞬間予防アロンアルフアコーティング」 4票

シルバー以上が決定した6本から、ゴールド以上を決定

「PayPayこどもフリマ」
「キャッツアイセイケース」
「SET BACK」

最終意見タイム 各賞の推薦理由などの確認

最終投票の結果「キャッツアイセイケース」が7票、「PayPayこどもフリマ」が6票

1/6139


嶋野氏、長田氏が初参加

ことしの最終審査員は、審査員長の嶋浩一郎氏を含む13人。新たに電通の嶋野裕介氏、SHIBUYA109エンタテイメントの長田麻衣氏が加わった。審査に先立ち、嶋氏から「審査基準として重視すべきは、なるほどその手があったかというクリエイティビティ、本当に人が動くかどうかのリアリティ、実現可能かどうかのフィジビリティです」と、審査方針が確認された。


暫定シルバー以上が決定

審査会は、まず各審査員がファイナリストに選出した理由を発表した後、受賞にふさわしいと考える6本に投票。暫定的に受賞となる上位6本を決める。上位6本に入らなかった企画の中で受賞にふさわしいものがないかを再度議論し、シルバー以上を確定。その中からゴールド以上に相当する3本、そしてグランプリ1本を投票する、という形で進んでいく。今回は同じ4票を獲得した作品が6本あり、その中から1本を上位入賞に選ぶ議論が挟まれ、上位6本の投票結果は91ページのようになった。


上位6本の選出理由は?

上位6本を、審査員はどのような理由から推薦したのか。審査会で出てきた内容を紹介する。

「実質3.5万円のお引越し」

土屋哲雄氏は、「新型コロナウイルスによって、大きな仕掛けをすることが経営的にも避けられている。この企画は電話で調整ができてしまうくらいシンプル」と推薦。続いて長田氏は、「支出を抑えたいという、損を回避したいインサイトを捉えたのがよい」と評した。

「キャッツアイセイケース」

桜田圭子氏は、「16〜30歳女性の44%がコンタクトレンズをしているというデータからも市場性を感じた。また、日本にはこういった気の利いたコンタクトケースがないので欲しい」と、コンタクトユーザーの視点からも評価した。龍崎翔子氏は、「シンプルに欲しい。ビジュアルの親和性、機能性などバランスが取れている」。井上忠司氏は、「課題に対してのクリアな解決策だと思った。それを使っている様子もかわいらしく見せることができる」とコメントした。

「SET BACK」

石田琢二氏は、「おしゃれと思われたい人によいし、話のネタにもなる。服を着ていることもそうだけど、背景も揃えてくれるのはブランドとしてもうれしいはず」と評した。尾上永晃氏は、「トータルコーディネートと言うけど、背景も含めるのは面白い発見だと思った。ここからの発展性がある。今の時代ならではのもの」と、Withコロナの企画としても評価した。

「PayPayこどもフリマ」

嶋氏は、「この業界のサービスは横並びになっている。なぜその会社を選ぶのかというパーパスが大事。子どものお金教育を応援するという切り口は、企業の姿勢を出せて、選ばれるブランドになれる」とコメント。藤井一成氏は、「フリマが当たり前になっていく中で、エントリーポイントをつくることが重要だと思っていた。

自分の生活の中から金融が分かるという、生きる力をつけるアプリになれるのがよいと思った」と評価した。奥谷孝司氏は、「フリマアプリの後発がやるのは、タッチポイントとしてよいと思う。デジタルは教育に悪いと思っている親の考えを変えることにもつながる」とした。

「瞬間予防アロンアルフアコーティング」

桜田氏は「当社で調査した際に、若者はアニメとスマホにしかお金を使わないという結果が出た。なのでスマホのコードに目を付けたのはいい点だなと。既存のサービスを本来とは違う観点から新しい付加価値を生み出している。目的を予防に転換したのが素晴らしい」と評価。また嶋氏は、「人に話したくなる内容ということもよい」と付け加えた。

「こども特等席」

尾上氏は、「新幹線はいまガラガラの状態。それをポジティブに転換するのがよいなと思った。コロナ禍だから生まれた子ども向けの電車体験」とコメント。龍崎氏は、「新幹線によく乗るが、親御さんの大変さを見る機会が多くあった。同じような人たちが集まって、ストレスなく過ごせる車両があれば、新幹線業界全体としてもポジティブな一歩だと思った」と話した。児玉昌彰氏は「この企画書のイラストを子どもに見せると、すぐに乗りたいと言った。この一枚で伝わる楽しさがある」と、実際に利用する子どもの意見も確認し、推薦した。

以上の理由から、これらの作品の上位入賞が決まった。


ゴールド以上受賞作が決定

シルバー以上が決定した6本のうち、最初の投票で10票、7票、7票を獲得した「PayPayこどもフリマ」「キャッツアイセイケース」「SET BACK」はゴールド以上として決定。「こども特等席」「実質3.5万円のお引越し」「瞬間予防アロンアルフアコーティング」がシルバーに決定した。

グランプリは1票差と大接戦

ゴールド以上の受賞作3本の中からグランプリを選ぶにあたり、各作品の推薦理由、新しい意見を確認した。「PayPayこどもフリマ」は、「実際に子どもとやってみたいなと思った。リアルなお金ではなくPayPayでできるのも完成度が高い」と児玉氏がコメント。奥谷氏は「コロナ禍ということもあるし、フィジビリティも高い」と評価した。吉柳さおり氏からは、「最初は売れないという体験をする可能性がありマイナスになるのではと思っていたが、実際にお子さんがいる方のお話を聞いてその点は杞憂かなと思った」と意見が出た。

「キャッツアイセイケース」は、ケースのデザインなど、実際のつくり込みまで考えられていると嶋野氏が評価。「コンタクトレンズの汚れから病気になってしまうという情報がコンタクトユーザーの耳に入っていたタイミング。その社会課題の解決にもなるのでは」と桜田氏。それを受けて嶋氏からは、「かわいくてシンプルなのに、意外と社会課題も解決している。小さいものが大きい役割を果たしているというのはプロモーションの醍醐味だ」とコメントした。

「SET BACK」は、「若者というより、大人のテレワーク層のほうが響きそう」と長田氏からコメント。「即効性がある。ECで服を買うことが増えている。他社と違う気の利いた点がスパイスとしていいかなと思った」と藤井氏は評価した。

これらの議論ののち、最後にゴールド以上3本に対して投票が行われた。その結果、「キャッツアイセイケース」が7票、「PayPayこどもフリマ」が6票と1票差で、「キャッツアイセイケース」がグランプリに輝いた。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する