販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

第1回~第11回までの歴代グランプリ企画を振り返る

2010年の第1回から2019年の第11回までの10年間で応募された企画の総数は、2万4652本。審査は、応募者の氏名はもちろん、所属やふだんの職業などバックグラウンドはすべて伏せて行われる。ふたを開けてみれば、広告主企業や学生が受賞した年も。企画に肩書は一切関係ない。ぜひここに名を連ねてほしい。

日本コカ・コーラ
「シークレット・メッセージ」

菊池雄也氏、森康成氏

課題内容

ティーンのコカ・コーラ飲用者、飲用頻度の拡大につながるプロモーション

「コカ・コーラ」と同じ色のインクのペンを商品に添え、ペットボトルにメッセージを書き込んでもらうアイデア。中身とメッセージが重なっているときは内容が見えないが、ボトルが空になるにつれて、メッセージが現れる仕組み。「大切な人に向けたメッセージを、『コカ・コーラ』ボトルに書いて、渡す」という行動を促し、「コカ・コーラを贈る=HAPPY」というポジションの獲得をねらった。


朝日新聞社
「朝日新聞バトラー」

大藤清佳氏、中間理一郎氏

課題内容

親子で朝日新聞を読みたくなるプロモーションアイデア

「朝日新聞」紙面をスマートフォンで撮影すると、記事の内容によって強さの異なるモンスターが生まれ、仲間同士でモンスターを戦わせられるゲームを企画。日ごろからニュースに接する保護者が子どもに記事を勧めたり、反対に、子どもが強いモンスターを生み出せそうな記事を保護者に尋ねたり。「新聞」を軸に会話を生み出し、親子で新聞に向き合うきっかけをつくる。


朝日新聞社
「最後の紙贈り」

宮原広志氏、冨永敬氏

課題内容

「新社会人が朝日新聞を購読したくなる」プロモーションアイデア

「朝日新聞」を「新社会人になった子どもへの最後の贈り物」と位置づけ、社会に出て最初の誕生日に、「親からの手紙」「生まれた日の新聞」「最新の新聞」を届ける企画。さらにその3カ月後、「親離れ推奨チラシ」を送り、本人の支払いによる購読を勧める。習慣化を経て、購読を続けてもらうことを企図した。


富士フイルム
「365(サンロクゴ)チェキ!」

滝澤啓太氏

課題内容

インスタント・カメラ「チェキ」の購買を喚起させる企画

赤ちゃんが生まれた日から、365日間の成長記録をインスタントカメラ「チェキ」で残せるキットを開発、販売するアイデア。1年間使い続けてもらい、製品使用を習慣化する狙いがある。あわせて、キットの購入者から写真を募り、子どもたちの365日間を一列に並べる写真展も企画に含めた。結婚や還暦祝い、ペットの記録など、出産以外での応用も。

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する