販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

表彰されるだけで終わらない! 実現された応募企画

「販促会議 企画コンペティション」の真髄は、募集した企画を表彰して終わるだけではなく、その後に実現する可能性があること。必ずしもグランプリなどの上位に入らずとも、実施されたケースもある。

サンギ
「みんなのハッピーを叶える歯磨き粉 nano mHAP」

林小吾朗氏

課題内容

8月1日は歯が命の日!「薬用ハイドロキシアパタイト」の名前と価値が伝わる企画

「歯の健康」を夏休みの自由研究テーマにしてもらい、親子ともにサンギ製品についての理解を促すイベントを2016年8月1日に開催。2015年開催の「第7回販促コンペ」では受賞を逃したものの、実現性の高さと、子どもの健康と夏休みの宿題を気にかける母親のインサイトを汲んだ点が評価され、サンギによって採用された。


ニフティ
「おさがりスマホ」

宮崎良哉氏

課題内容

親のスマホデビューを、子が後押ししたくなる販促企画

家族やシニア層をターゲットに、格安スマホの利用率を向上させるための課題。企画名のとおり、子どもから親へスマートフォンを「おさがり」するというもの。「使わなくなったスマホをゆずる」という、実際にある消費者の行動に沿った点をニフティが評価し、2017年2月から実施した、「ホニャララ家応援プロジェクト」の施策のひとつとなった。


大関
「FUN!CUP!大関」

阿部慎一郎氏、蚊爪進氏、齋藤洋介氏、織田章太郎氏

課題内容

30代の人がワンカップ大関を飲みたくなる企画

「ワンカップ大関」の透明びんに、口ひげやアヒルのくちばしなどのビジュアルを添え、口に当てると自撮りアプリなどで加工したような見た目になる企画。2017年「第9回販促コンペ」で大関の協賛企業賞を受賞。若者世代が飲みたくなる、という課題にぴったりな上、企画がシンプルだったため、早い段階で商品化に至った。


大日本除虫菊
「お知らせキターズ」

平田茜氏

課題内容

「虫コナーズ」を、毎年忘れずに定期購入いただける企画

商品に同封した専用ハガキの裏面に、「1年後の自分」に宛てたメッセージや絵などを自由に記入し、投函。約1年後、投函者のもとにハガキが送られてくるという企画。買い替えタイミングであることを思い出すきっかけになるのがポイント。クローズドキャンペーンも同時に開催し、さらに購入を後押しする企画となった。


レインズインターナショナル
「ニクエスト(ふせん)」

五十嵐響介氏、阿部至氏

課題内容

とにかく焼肉が食べたくなるような斬新なアイデア

もともとは、「焼肉をおごってほしいとき」に、"かわいく伝える"ふせんを制作するという企画。さらに、ふせんを「牛角」の店員に渡すと、1品プレゼント。「第9回販促コンペ」で一次審査を通過した企画が、ふせんではなく「LINE」と動画メッセージにアレンジされ、実現に至った。

第10回「販促コンペ」で実現した企画

表彰されるだけじゃ終わらない、昨年9月に結果発表が行われた作品のなかで、早くも2作品が実現した。各協賛企業に実現に至った経緯や企画のポイントについて話を聞いた。

びんビールをコミュニケーションツールに「ASAHI四十八手」

アサヒビール課題「飲食店さまで生ビールをもっと飲みたくなるアイデア」協賛企業賞 受賞作品


実際に制作されたキャンペーンサイト(左)、と飲食店向けの販促ツール(右)

打ち合わせを重ねて実現 商品の「提供価値を捉えた」企画

アサヒビールは3月25日、「あえてのビン」と題したキャンペーンサイトを立ち上げた。「第10回販促コンペ」でアサヒビールの協賛企業賞に輝いた、西口滉氏、安田桜子氏の「ASAHI四十八手」をベースとした企画だ。

アサヒビールが提示した課題は、「飲食店さまで生ビールをもっと飲みたくなるアイデア」というもの。西口、安田両氏は、びんビールをコミュニケーションツールに見立て、グラスに注ぎ合う方法を48通り考案。びんに注ぎ方を示すシールを貼るというものだった。

アサヒビールの西門紀昌氏(営業本部業務用統括部担当副部長)は、「コミュニケーションを深めることは、お酒の価値として重要なものです。それを目的にお酒を楽しむのも、消費者の持つインサイトで、『注ぎ方』でコミュニケーションを図るのは的を射ていました」

しかし企画を実行するためには、飲食店の現場を考慮した企画にする必要があった。びんビールをコミュニケーションツールとして位置づけるコンセプトはそのままに、実際に試す人の気持ちや現場にフィットするよう、コンテンツやアウトプットの仕様を練り上げた。「元々実現可能性が高いと考えていたため、販促コンペ終了後から応募者である西口さんと打ち合わせを重ねました」(西門氏)

メインコピーは「あえてのビン」に。漫画家の和田ラヂヲさんを起用した動画を制作し、YouTubeで配信している。さらに飲食店向けにPOPやカンバッジ、Tシャツなどの準備を進めている。テスト展開中の店舗に配布したところ、西門氏は「反応がよく、今後拡大する方針」と話す。

ASAHI四十八手

受賞者:西口滉氏、安田桜子氏



受賞者コメント:最初の打ち合わせで、まず、お酒の価値とは。誰の、何のためにあるのか。その次に、「ビール」だけが持つ圧倒的な価値は何か。最後に、新入社員である自分たちの「ビール」への思いをとことん話し合いました。そこから生まれたアイデアを実現させていただく機会までいただけたことに、感激と感謝でいっぱいです。

若者2人が毎週のようにカフェで集まって「あ~でもない、こ~でもない」と話していた、ひとつの夢物語を叶えられる「販促コンペ」には、なによりも「実現」という魅力が待っています。


"31"を身近に「31 Everyday Hunts!」

B-R サーティワン アイスクリーム課題「サーティワンで平成31年に行う、『31』にまつわるプロモーション企画」協賛企業賞 受賞作品


「平成31年の最後は、31でHappy体験!」の第4弾として実際に作成されたPOP

サーティワンを身近に感じ楽しく参加してもらえるシンプルな企画

B-Rサーティワンアイスクリームが4月23日~25日に実施した企画「31 Hunt!(サーティワンハント!)」は、「第10回販促コンペ」で協賛企業賞を獲得した企画だ。

元々は「31 Everyday Hunts!」という企画名。特設Webサイトかスマートフォンアプリでカメラを起動し、身の回りにある「31」を撮影するとスタンプがもらえ、31個貯まると店頭で特典と交換できるという企画。実現時には、「31」が入ったモノや写真を店頭に持ち込むと、対象商品に「ポップスクープ」(レギュラーサイズの45%の大きさのアイスクリーム)をプラスオンする企画となった。

いずれも目的は特典交換や「ポップスクープ」追加による来店促進。実現に至った理由についてB-Rサーティワンアイスクリームの細川明美氏(マーケティング部部長代理)は、「学校や街など身の回りの『31』を探すことを通じ、いつも『サーティワン』を意識し、身近に感じてもらえそうな点が魅力だった。企画もシンプルでわかりやすい」と話す。

また、サーティワンの社内でも、「どんなモノや写真を持ってご来店いただけるか、とても楽しみに感じました。募集企画のテーマは、『サーティワンで平成31年に実施する、"31"にまつわるプロモーション企画』というものでしたが、これにもピッタリあてはまっていました」(同)

「販促コンペ」は公募型の企画コンテストのため、ふだんの業務でかかわりを持てる人以外からも、さまざまなアイデアが集まる。

細川氏は、「むしろサーティワン店舗の事情やオペレーションなどを一切考慮しないような、斬新なアイデアを集め、いままでにないキャンペーンを展開したいと考えていました。いい企画があればすぐに活用しようと考えていましたので、実現に至るまでもスムーズでした」と明かす。

「31 Hunt!」は4月1日を皮切りに実施した「平成31年の最後は、31でHappy体験!」キャンペーンの第4弾として実施された。

31 Everyday Hunts!

受賞者:小林優介氏



受賞者コメント:本企画は、身の回りに溢れている"31"という数字をコミュニケーションのきっかけへと転換し、"31"を見るたび、ふとサーティワンのことを考えてもらうことを目指しました。今回、活用していただいて非常に光栄です。消費者と一体となるコミュニケーションこそ、至上の体験デザインのひとつだと考えておりますので、それが世の中へと出たことを嬉しく思います。

販促コンペを通して、アイデアから体験デザインまでを一貫して考えることの大切さと楽しさを改めて感じさせていただきました。関係者のみなさま、ありがとうございました。

《第12回「販促コンペ」へのリンクはこちら

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する