販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

「販促コンペ」企画に役立つ 審査員からのワンポイントアドバイス(1)

企画を立てるのは、何から始めればいいのか。立てた企画の良し悪しはどう見極めるか。教科書じみた正解がない分、面白くもあり、困難でもあり。第12回販促コンペ審査員(一部)からのアドバイスを一挙掲載いたします。

最終審査員

【審査員長】
博報堂 執行役員
博報堂ケトル クリエイティブディレクター/編集者
嶋 浩一郎氏

1993年博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業の情報戦略に関わる。2001年、朝日新聞社出向。若者向けメディア開発を担当。同年~03年、博報堂刊『広告』編集長。05年、本屋大賞立ち上げに参加。現本屋大賞実行委員会理事。06年既存の手法にとらわれない課題解決をする博報堂ケトルを立ち上げ。12年下北沢に本屋B&Bを開業。

いまこそクリエイティビティの真価が問われるときではないでしょうか。このコメントを書いているいま、すでに在宅勤務を3週間続けています。抑圧された環境ですが、考えることはできます。このような環境だからこそ、より想像力を羽ばたかせることができるのではないでしょうか。大切なこと、いらないことの選別もよりはっきり認識される状況なのではないでしょうか。キレキレのアイデアを期待します。


ADKクリエイティブ・ワン
プランニング本部 コミュニケーション・ディレクター
石田 琢二氏

二度の転職を経て、2006年にアサツー ディ・ケイに入社。19年度の分社を経て、より人を動かすことに特化したADKクリエイティブ・ワンへ。人の心に変化をもたらし、人を動かすことを目的として、ブランドと人と社会をアイデアでつなぐ企画をプランニングしている。

今年は、人々の価値観が一変し、ものの見方や評価の仕方が大きく変化するきっかけとなる年になりそう。好きなものとそうでもないものの仕分けも今まで以上にはっきりしていく。そんなとき、ブランドは消費者とどうコミュニケーションすべきか。応援する側になるか?応援される側になるか?消費者とともに歩むのか?ブランドの立ち位置を理解した上で、あとは自由に発想し、とびっきりの輝きを放つアイデアを提案してもらいたい!


ビーコンコミュニケーションズ
エグゼクティブ クリエイティブディレクター
井上 忠司氏

1969年生まれ。レオバーネット協同、JWTを経て、ビーコンコミュニケーションズで現職。ACC、カンヌライオンズ、アドフェスト、スパイクスアジアなど受賞多数。

企業の課題をよく読み、思いついたアイデアを変化させたり、練り上げて、精度の高い企画にする。最後に、良いタイトルを付けると、誰もが思いつかなかった斬新な企画に見えたりします。逆に、良いタイトルが付かないときは、企画を考え直すのがベスト。誰のために、何がしたかったアイデアなのかを見極められるまで。未曾有の危機の今だからこそ、次の時代への一歩が見える素晴らしい企画をお待ちしています。


オイシックス・ラ・大地
執行役員 Chief Omni-Channel Officer
奥谷 孝司氏

1997年、良品計画入社。2005年、「足なり直角靴下」を開発して定番ヒット商品に。10年、WEB事業部長として、「MUJI Passport」をプロデュース。15年10月に(現)オイシックス・ラ・大地に入社、現職に。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。17年4月から一橋大学大学院商学研究科博士後期過程。日本マーケティング学会理事。

デジタル化が進んだ今日、顧客体験も変化しています。このような環境下において、私がいま企業と顧客との関係で大切だと感じること、それは企業の「共感力」です。いかにお客さまのことを「想う」ことができるか。お客さまに寄り添えるか。そんなメッセージのこもった企画を見たい。そんな気分です。みなさんの共感力の高い企画お待ちしております。


プラチナム 代表取締役
ベクトルグループ 取締役副社長
吉柳 さおり氏

大学在学中にPR会社ベクトルにアルバイトとして入社し、創業に参画。2002年にベクトル取締役に就任。04年にPR事業会社プラチナムを設立し代表取締役に就任。ベクトルグループは、グループ36社、アジアに15拠点を持ち、PR事業、デジタル・ダイレクトマーケティング事業、メディア事業など、さまざまなコミュニケーション事業を展開している。

今、人をどう動かすか?というと、やはりコロナウィルスの影響による消費行動の変化は無視できないと思います。昨年まではデジタルシフト時代だからこそのリアルとか、コト消費とか、そういった施策に価値がありました。しかし今年は、生活者の態度変容が起き、定着化した後の動かし方を模索いただき、ぜひ、その商品のブランドエナジーや、ひいては世の中を明るくしてくれるようなアイデアを期待したいと思います。


大広
顧客価値開発本部 東京顧客獲得局 局長
児玉 昌彰氏

ビール・飲料メーカーをはじめ、幅広い分野でコミュニケーション・プランナーとして戦略プランニング・実施に携わる。JPMプランニング賞/金賞、The MAA Globes Awards/Gold・Silver、Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワードほか受賞。

企画を立てるにあたって、時代の流れを汲むことは大事です。今だからこそ、企業としてあるいはブランドとして社会・市場・生活者に何が提供できるのか。世の中を明るく元気にするアイデア、人とのつながりを感じるアイデア、いろいろと視点はあると思いますが、今年だからこその企画に出会えることを楽しみにしています。


L&Gグローバルビジネス
代表、ホテルプロデューサー
龍崎 翔子氏

2015年にL&Gグローバルビジネスを立ち上げる。「ソーシャルホテル」をコンセプトに、北海道・富良野の「petit-hotel#MELON」をはじめ、京都・東九条の「HOTEL SHE, KYOTO」、大阪・弁天町の「HOTEL SHE, OSAKA」など、全国で5店舗をプロデュース。

情報が氾濫しているこの時代において、ありきたりな広告をありきたりな媒体に出稿していては見向きもされません。では、人はどのような情報になら目をとめ、信じ、行動に移すのでしょうか?自分が過去にわざわざ買ったもの、わざわざ訪れた場所を思い出し、何があなたをそうさせたのかを、ぜひ考えてみてください。そこに、人を動かす力のヒントが隠されていると思います。思わず欲しい!買いたい!使いたい!と思わせてくれる素敵なアイデアをお待ちしております。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する