販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

友チョココンテスト開催でバレンタインの手づくり需要を喚起

森永製菓

店頭に設置するPOPの画像。手づくりチョコの需要を喚起する。

森永製菓は2017年1月10日~2月14日のバレンタイン期間、食品スーパーなどの店頭とソーシャルメディアの連動を図った企画「友チョコ方程式コンテスト」を実施している。

インフルエンサーマーケティング事業を手がけるVAZ(バズ)が運営するソーシャル動画アプリ「PROF」にユーザーが手づくりチョコの画像や動画を投稿することで参加できる。

※3時間で投稿が消えるソーシャル動画アプリケーション。若年層約35万人が利用している。

本企画実施の背景には、若者の「テレビ離れ」がある。テレビの視聴時間は若年層ほど短くなっており、一方で10歳代のインターネット利用時間は221分と全世代の中で一番多い(総務省情報通信政策研究所調べ)。

このことにより、テレビに出演するタレントよりもソーシャルメディアが影響力を持つケースも増えてきたため、インフルエンサーの起用に至った。

また、2000年ころから始まったとされているバレンタインデーに友達にチョコを贈る文化「友チョコ」にあわせ、手づくり需要の喚起とバレンタインデーを盛り上げることが狙い。

バズに所属するインフルエンサー12人は、YouTubeやTwitterなどのアカウントからソーシャルメディアで本キャンペーンを拡散させるという。

全国1000店舗以上のスーパーの店頭では、バズ所属のインフルエンサー「りかりこ」を起用したPOPを設置し、リアルとソーシャルの連携で売り上げ増を目指す。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する