販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

サントリービールがコレクション欲を刺激する鉄道ARアプリで販売促進

サントリービール

専用アプリ俺鉄 by the MALT’S」に登場する車両は時期によって変わる。

専用アプリ「俺鉄 by the MALT’S」に登場する車両は時期によって変わる。

サントリービールは、「ザ・モルツ」で晩酌を楽しんでもらうための企画「俺のデジツマアプリ」の第1弾としてAR技術を使ったアプリを2017年1月18日に配信を開始した。

アプリ名は「俺鉄by the MALT’S」。スマートフォンのカメラを食卓など平らな場所に向けると、AR(拡張現実)機能でその上に線路が現れ、鉄道車両が走り出すように見えるというアプリ。

走らせることができる車両は、205系(山手線)など日本全国の車両、全17種類。

車両は鉄道模型の「Nゲージ」を3Dスキャンすることによってリアル感を追求している。

一部の車両は「ザ・モルツ」の専用6缶パックや料飲店の専用ポスターを読み込むことで、アプリ内に追加することができる。

ARによって出現し、走行している車両は、さまざまな角度から撮影し、シェアすることができる。

全17種類のうち、対象の12種類を全て集めると、"見ると幸せになれる"と言われている新幹線車両を取得できるという特典も。

「俺のデジツマアプリ」は、交友社が発行する鉄道趣味誌、月刊「鉄道ファン」が監修した。

キャンペーンは2017年5月31日まで。

あと0%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する