販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

コンバース「ALL STAR」100周年企画で、スピーカー付きシューズを開発

コンバース

インソールを指で押して指圧すると、シューズが「あぁ、そこそこそこ」「そんなに押さないで」「イタタタタ・・・」などと話し始める。

インソールを指で押して指圧すると、シューズが「あぁ、そこそこそこ」「そんなに押さないで」「イタタタタ・・・」などと話し始める。

コンバースの人気シューズブランド「ALL STAR」が、2017年に100周年を迎えた。

それにあたりコンバースフットウェアは周年企画をスタート。「ALL STAR HACK」と題して、「ALL STAR」の定番シリーズとテクノロジーを組み合わせたシューズのプロトタイプ3作品を発表した。

シューズのアウトソールには、スピーカーを内蔵。Bluetoothを使い、音楽を流しながら、実際に履くことができる。

プロトタイプの制作を手掛け、一連の動画制作にも携わった博報堂アイ・スタジオの木下剛氏は、企画の狙いについて「ALL STAR 100として新しい100年を作っていけるように、攻める姿勢「進化する定番」というマインドシェアの向上を目指しました。ブランドのファンには、自分なりの履きこなしを楽しんでいるクリエイティブな人も多く、そういった人の好奇心を刺激するようなアイデアを形にしました」と話す。

これらのシューズは現在のところ発売する計画はなく、「ALL STAR 100 SPEAKER」と「ALL STAR 100 SHIATSU」が都内の主要店舗に巡回で展示される。

アウトソールがスピーカーになった「ALL STAR 100 SPEAKER」。

アウトソールがスピーカーになった「ALL STAR 100 SPEAKER」。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する