広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)

「広告の未来、地域の未来」を議論 全広連秋田大会開催

全日本広告連盟(以下、全広連)が主催する「第66回全日本広告連盟秋田大会」が16日、秋田市の秋田県民会館で開かれ、全国の広告会社や新聞社、放送局の幹部ら約1200人が参加した。

広告界の発展に貢献した個人や団体を顕彰する「全広連日本宣伝賞」の贈賞が行われ、受賞者がそれぞれ壇上で喜びを表した。広告主対象の「松下賞」はKDDIの田中孝司代表取締役会長が受賞。

また、「正力賞」を受賞した作詞家・プロデューサーの秋元康氏、「吉田賞」は鏡明氏(ドリル エグゼクティブ・アドバイザー)、クリエイター対象の「山名賞」はクリエイティブディレクターの佐々木宏氏(シンガタ)が受賞した。

「広告の未来、地域の未来」と題したパネルディスカッションでは、秋田銀行の新谷明弘頭取、KDDIの田中孝司会長、電通の山本敏博社長、ヤフーの宮澤弦常務執行役員が登壇し、事業構想大学院大学学長/宣伝会議取締役の田中里沙がモデレーターを務めた。

全広連大会は、全広連加盟の37協会の中から持ち回りで開催地が決まる。秋田での開催は、33年ぶり2回目。来年は富山市で開かれる。

ACC2018菅野薫氏を審査委員長に インタラクティブ部門を改名

全日本シーエム放送連盟(略称以下、ACC)は「2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」のエントリーを、2018年6月1日より開始することを発表。それに伴い、本年度の応募部門と各部門の審査委員長を発表した …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)(この記事です)
吉本興行、国産コンテンツを海外に発信するプラットフォームを構想
イベントのプロ人材「イベント業務管理士」がますます頼られる時代に
プロモーション業界に必要なソフト業務としての「働き方改革」
人気テレビCMの世界観をOOHに生かす キャラクターを活用した体験型広告
新聞社、営業力強化を目指す再編相次ぐ グループの人材総動員
NHKと民放連、2018 FIFAワールドカップの放送計画を発表
放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携
広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている
リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告
新聞社のブランドスタジオ設立広がる コンテンツマーケティング支援が目的
放送法4条は撤廃されるのか メディアを揺るがす放送制度改革
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する