広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

新聞社、営業力強化を目指す再編相次ぐ グループの人材総動員

宮浦慎

第三の収入源を模索 各社で新規事業の企画を強化

販売、広告の2大収入がともに減少する中、新聞各社で今春、収益力の向上を目指す再編が相次いだ。主眼は新規事業の開拓と、広告主企業の需要に合わせて社の資産を活用する営業力の強化だ。各部局、グループ会社や販売店の社員も含め、情報や人脈を余すことなく活用する狙いもある。

大分合同新聞社は「新聞事業本部」と、新規事業の開拓を目指す「経営企画本部」の2本部制となった。販売・広告以外の収入の割合を増やしていく狙いがあるという。経営企画本部は長野景一代表取締役社長が本部長を務め、総合企画局に経営戦略室、財務企画室、デジタルメディア戦略室、リサーチ室を設置。各室には局長級の専任室長を充てている。経営判断を早めるため、少数精鋭で臨むという。不動産事業や、後継者不足に悩む企業の買収・合併などが有力な開拓分野だ。

高知新聞社は社長室直属の経営企画部を総合企画室に格上げし、新規事業の企画を強化。NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)など各部門が乗り入れる既存事業の拡充も主導する。

下野新聞社は販売・広告に続く第三の収入源について調査・研究する事業戦略室を新設した。

会社の持つ資産をフル活用 組織と業務の縦割り打破

社の資産を生かした収入の増加に向け、営業力を強化する再編が進む。広告局や事業本部など営業関連の8部局を集約し、営業総本部を発足させたのは毎日新聞社。第一・第二営業本部、ビジネス開発本部、事業本部を設置した。大阪、中部、西部、北海道の4本支社の営業部門が第一営業本部の管轄となる。組織と業務の縦割りを打破し、社の営業資源を効果的に売り込む「総合営業」を目指すという …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
吉本興業、国産コンテンツを海外に発信するプラットフォームを構想
イベントのプロ人材「イベント業務管理士」がますます頼られる時代に
プロモーション業界に必要なソフト業務としての「働き方改革」
人気テレビCMの世界観をOOHに生かす キャラクターを活用した体験型広告
新聞社、営業力強化を目指す再編相次ぐ グループの人材総動員(この記事です)
NHKと民放連、2018 FIFAワールドカップの放送計画を発表
放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携
広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている
リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告
新聞社のブランドスタジオ設立広がる コンテンツマーケティング支援が目的
放送法4条は撤廃されるのか メディアを揺るがす放送制度改革
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する