広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている

坂井田稲之(統合プロモーション戦略センター・主宰)

「広告重点課題アンケート」に、広告主意識の変化が見える

日本アドバタイザーズ協会から「広告重点課題アンケート」が発表された。

広告重点課題の上位5つは、第1位が「商品・サービスブランド価値向上」、2位が「広告効果の測定検証」、3位が「広告予算・媒体間配分の最適化」、4位が「統合型コミュニケーション戦略の構築」、5位が「企業ブランド価値向上」の順である。ちなみに「セールスプロモーションの強化」は、宣伝部主体の調査のためか8位と重視度は低い。今回とりわけ注目されたのは、「統合型コミュニケーション戦略の構築」への賛同率の大幅な上昇である。

同調査は、次のように分析している。

「現在は、社会的動向からもインターネットを活用せざるを得ない状況となり、デジタルシフトがなかば強制的に進んでいるともいえる。そのため、いまはインターネットとマスメディアの組み合わせが着目されているものの、デジタルシフトによる影響が落ち着けば、一層幅広いコミュニケーション手段の活用が進むのではないか。例えば、自由回答でも挙げられた『売り場』を考慮したコミュニケーション戦略や、広告とPRを統合したコミュニケーション戦略といった形で、さらに多様なメディアの統合にも目を向けていく必要があるだろう」 …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携
広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている(この記事です)
リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告
新聞社のブランドスタジオ設立広がる コンテンツマーケティング支援が目的
放送法4条は撤廃されるのか メディアを揺るがす放送制度改革
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する