広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

人気テレビCMの世界観をOOHに生かす キャラクターを活用した体験型広告

吉田勝広(オリコム)

人気CMのauキャラクターが笑顔の採点をしてくれる

KDDIは2018年3月5日から1週間、東京メトロ新宿駅で「au 三太郎と笑おうストリート」とした体験価値共有型広告を行った。ずらりと並んだ等身大以上のデジタルサイネージの前に立ち、カメラに笑顔を向けると、そこにテレビCMでお馴染みの松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さんらの三太郎はじめ、多くのauキャラクターが登場し笑顔の採点をしてくれるというものだった(写真1)

写真1 サイネージの前に立つと笑顔の採点をしてくれた。

3のつく日は三太郎の日だが、3のつく3月は記念すべき月ということで会員限定の「au 三太郎ファン感謝デー」などのイベントを展開。その一環としてOOHメディアを活用した。「いっしょに笑おう」をテーマに、CM「笑おう」篇の世界観を具現化したものだ。会場には誰もが聴いたことのある「聖者の行進」をアレンジした、yonigeの『笑おう』の楽曲が聴こえるフルバージョンのCM動画も流されていた。

採点された画像は、隣の広告スペースに設置された四角い額縁付きサイネージに映し出され、それを見て再び笑う姿が見られた(写真2)。また別のスペースには、その日の参加者全ての笑顔が入れ替わり映し出されてあり、壁一面に笑顔の人たちで溢れていたのが印象的だった …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
吉本興行、国産コンテンツを海外に発信するプラットフォームを構想
イベントのプロ人材「イベント業務管理士」がますます頼られる時代に
プロモーション業界に必要なソフト業務としての「働き方改革」
人気テレビCMの世界観をOOHに生かす キャラクターを活用した体験型広告(この記事です)
新聞社、営業力強化を目指す再編相次ぐ グループの人材総動員
NHKと民放連、2018 FIFAワールドカップの放送計画を発表
放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携
広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている
リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告
新聞社のブランドスタジオ設立広がる コンテンツマーケティング支援が目的
放送法4条は撤廃されるのか メディアを揺るがす放送制度改革
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する