広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」

宮本倫明(一般社団法人 日本イベント産業振興協会 理事)

完全劇場空間!!平昌オリンピックスタジアム

2018年2月9日、夜8時から平昌オリンピックスタジアムで冬季オリンピックの開会式が開催された。地上7階、地下1階、3万5000席の観客席を有する五角形の仮設スタジアムは、オリンピック・パラリンピックの開閉会式のみのために2年弱の期間と約120億円をかけて建設されたスタジアムだ。

センターアリーナは、数百人の演者を乗せたまま、一斉にせり上がる2段構えのセリが仕込まれ、上空には、建物の外に強固な基礎に支えられた4本の支柱から、機材入れて重さ数トンにもなろうかという円形のツリ(リギング)装置が張られていて、まさにスペクタクルショーのための劇場空間となっていた。

スタジアム上段には、ひとつの画面が103㎡もあるLED画面が4カ所あり、その下にあるキャビンそれぞれと、センターのメインタワー計5カ所にプロジェクタールームが配置され、数千平米のアリーナにシームレス、シャドーレスのプロジェクション映像を映し出すことができる機材構成となっていた …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」(この記事です)
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論
ヒトが介在してモノをコトにする 地域を元気にするイベントの力
新たに456人が誕生 第13期「プロモーショナル・マーケター」
デジタルテクノロジーを使った体験型OOH広告
新聞社が見学施設を整備 読者との交流の拡大を図る
たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する