広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

NHKと民放連、2018 FIFAワールドカップの放送計画を発表

明石庸司

NHKと民放連で全64試合を放送する

6月14日から7月15日まで開催される2018 FIFAワールドカップ。開幕まで1カ月を切り、放送の概要も明らかになってきた。今回のロシア大会は、ロシアの11都市12会場で、日本を含む32カ国が参加し、グループステージ48試合とベスト16以降の決勝トーナメント16試合の合計64試合で行われる。

日本国内の放送権は、NHKと民放連で構成するジャパンコンソーシアム(JC)が獲得。NHKと民放各社がそれぞれ32試合を地上波で生中継する。NHKはこれに加え、全64試合をBSで中継と中継録画で放送する。この枠組みは、前回2014年のブラジル大会と同様だ。

JCの放送権獲得は2002年日韓大会から連続5大会目(日韓大会から2006年ドイツ、2010年南ア大会まではスカパー!でも放送)。今大会では初めてデジタル配信権も獲得し、各社がインターネット上で配信を行う。

ロシアの開催都市は4つのタイムゾーンに分かれるため日本との時差はモスクワを含む8都市でマイナス6時間。日本での放送は21時から翌午前3時のキックオフとなり、GP帯から翌早朝までがメインの放送時間となる。

放送計画が発表 NHKは決勝戦を中継

5月10日に発表されたNHKの放送計画によると、総合テレビでの放送は、6月14日22時からの「開幕直前スペシャル(開会式)」に続き開幕戦「ロシア×サウジアラビア」から始まり、グループステージ日本戦は6月19日21時キックオフの第1試合「コロンビア戦」を放送する …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
吉本興行、国産コンテンツを海外に発信するプラットフォームを構想
イベントのプロ人材「イベント業務管理士」がますます頼られる時代に
プロモーション業界に必要なソフト業務としての「働き方改革」
人気テレビCMの世界観をOOHに生かす キャラクターを活用した体験型広告
新聞社、営業力強化を目指す再編相次ぐ グループの人材総動員
NHKと民放連、2018 FIFAワールドカップの放送計画を発表(この記事です)
放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携
広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている
リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告
新聞社のブランドスタジオ設立広がる コンテンツマーケティング支援が目的
放送法4条は撤廃されるのか メディアを揺るがす放送制度改革
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する