広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)

2018年度SCC最高賞は 石屋製菓「恋人は置いていきます。」

札幌コピーライターズクラブ(SCC)が主催する2018年度「SCC賞」の公開審査会が7日、札幌市内で開かれ、各賞が決定した。

SCC賞の審査対象は、北海道内在住者による作品、または道外在住者の道内展開作品で、本年度の応募総数は208点。

SCC最高賞には石屋製菓「ISHIYA GINZA 新聞広告」を制作した鈴木拓磨氏(T.C.P)が選ばれた。昨年4月に東京の商業施設「銀座シックス(GINZA SIX)」への出店告知として東京と北海道で2つのメッセージを出した新聞広告で、新人賞とのダブル受賞となった。

本年度は特別審査員に中村禎氏(フリーエージェント)を迎え、審査委員長の遠藤誠之氏(アルファ・シリウス)など10人で進められた。同時に、公開審査会に参加した約50人によるギャラリー審査も行われた。一般の審査員の中には大学生や家族連れの姿も見られた。

中村氏は審査後、「広告は見られなくて当たり前のもの。パッと見て心が動くコピーに票が集まった印象」とコメントした。受賞作品は次の通り。

【SCC最高賞】
・石屋製菓「ISHIYA GINZA 新聞広告」 鈴木拓磨(T.C.P)

【SCC準最高賞】
・宣伝会議「コピージアム2017札幌 告知ポスター」 岩崎浄美(かもめプランニング)

・川島旅館「川島旅館 物産展 キャッチフレーズ」 遠藤誠之(アルファ・シリウス)

【SCC賞】
・壺屋総本店「賞味期限の近いお菓子 ネーミング」 西川佳乃(文屋)

・北斗市「キミとボクとホクト ポスター・PR動画」 讃良奈央子(電通北海道)

・北海道放送「声 新聞広告」 東井崇(フリーランス) …

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携
広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている
リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告
新聞社のブランドスタジオ設立広がる コンテンツマーケティング支援が目的
放送法4条は撤廃されるのか メディアを揺るがす放送制度改革
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)(この記事です)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する