広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略

志村一隆

テクノロジー技術の融合がもたらす未来の街並みの変化

アメリカやバルセロナのイベントで最先端のテクノロジーを見たり、エンジニアやビジネスサイドの人たちと話をして感じるのは、彼らの視点がネットの外側、リアルな領域に向かっているという点である。

VR、AR、AI、人工知能、ドローン、ブロックチェーンといった個々のテクノロジーやIoT、5Gなどのネットワーク技術を深く追求するのも大事だが、それぞれの技術を組み合わせたときのインパクトを想像するのはもっと大事である。

たとえば、スマートカーが実現すれば、信号機や自動車同士がコミュニケーションを行う。そうすると、1分毎に赤信号になるという機械的に決められていた信号機のプログラムも、交通量などのビッグデータをもとに、臨機応変なものに変わるだろう。また、朝と夕方の混雑時に、車線の位置が変わる道路があるが、これもビッグデータをもとに、より効率的な運用が可能になるだろう。

さらに言えば、電気自動車が本格的に普及したら、車体の軽い車が増え、路面もデジタルディスプレイ化するかもしれない。そうすれば、車線の位置変更も映像としてスクリーン表示、といったことが現実で起きる可能性もある。さらに、自動運転であれば、車線すらなくても、衝突事故などは減っていくだろう …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略(この記事です)
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論
ヒトが介在してモノをコトにする 地域を元気にするイベントの力
新たに456人が誕生 第13期「プロモーショナル・マーケター」
デジタルテクノロジーを使った体験型OOH広告
新聞社が見学施設を整備 読者との交流の拡大を図る
たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する