広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告

吉田勝広(オリコム)

ラインナップの充実をアピールする目元だけのアニメポスター

2018年2月26日から1週間、Netflixは「Netflix アニ"目"ジャック@新宿」とするOOH広告を実施した。東京メトロ新宿駅の大型ボードには280ものアニメキャラクターが掲載されていたが、驚くことにどれもが目元だけだった(写真1)。作品タイトルの表示もなかったが、現場では友人同士でお気に入りのキャラクターを探し「ザクこれだ!」などと言い合う姿が見られた。コアなファンには目元だけで、どのキャラクターかわかるようだ。

写真1 Netflix アニ"目"ジャック@新宿 写真提供:Netflix

宣伝担当者によると、日本中のアニメファンに「Netflixはアニメが充実している」ことを認識してもらうにはインパクトがあり、SNSで話題になるような広告が必要と考えた、と話す。それを実現するにはリアルなOOH広告で訴求することが最適だと判断し実施したとのことだ。思い切った手法だが、アニメファンの心に火を付け、狙い通りの展開となった。斬新で優れた着眼点と言えるだろう。

OOH広告と連動し、「#Netflixアニ目」でSNSに投稿すると、キャラクターの目元が印刷されたステッカーがもらえる「シールガチャ」も実施したが、連日終了前に配布数に到達し7日間で参加者は3500人に上った。投稿者は5000人以上、ネット中心にメディアの露出も300以上を数える …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携
広告主課題は「統合型コミュニケーション」へとシフトしている
リアルに趣向を凝らした アニメコンテンツのOOH広告(この記事です)
新聞社のブランドスタジオ設立広がる コンテンツマーケティング支援が目的
放送法4条は撤廃されるのか メディアを揺るがす放送制度改革
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する