広告マーケティングの専門メディア

           

広告業界トピックス

8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト

第63回 朝日広告賞決定

一般公募の部で朝日広告賞を受賞したKADOKAWA「角川文庫」。

7月23日、「2014年度 第63回 朝日広告賞」の受賞作品が決定した。「新しい広告の提案」を審査基準に置く一般公募の部では、KADOKAWA「角川文庫」の広告作品を制作した時田侑季さんが、最高賞の朝日広告賞を受賞。どこか彼方を見つめる女性の写真に、「目に見えるものだけが、世界のすべてではない。」というコピーを配した最高賞受賞作には、「パッと見たときにかなり引っかかって、何かすごくザワザワした」(児島令子氏)といった講評も。

上位作品の選出をめぐり熱い議論が交わされた一般公募の部に対して、広告主参加の部の最高賞、Apple「World Gallery 4点シリーズ」(企画・制作:TBWA Media Arts Lab)は、ほぼ満場一致で決定。「圧倒的にすばらしいと思った。このキャンペーンを初めて見たのが新聞広告だったが、キャッチフレーズやコピーの概念を飛び越えた『iPhone6で撮影』という言葉や、ありそうでなさそうな写真の“中距離感”が新鮮で、30段を目にした時の衝撃はとても大きかった」(葛西薫氏)などの講評が寄せられた。

東急エージェンシー、新ユニット設立でデジタル領域強化

東急エージェンシーは7月30日、DDB Worldwide Communications GroupのTribal Worldwideと業務提携し、新たなイノベーションユニット「TAG TRIBAL(タグ トライバル)」の設立を発表した。

メンバーは、東急エージェンシー社内よりユニットリーダーに市川俊也氏…

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進
2016年から4K・8K試験放送、今後の普及なるか
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(この記事です)
現代のイノベーションの潮流は古きものと新しきものの共存、住み分け
2014年のイベント市場規模 推計は15兆5200億円
コンテンツとコミュニケーションが“同居”するこれからの動画
JACEイベントアワードからイベントの意味合いを考える
第13回 JPMプランニング・ソリューション・アォード各受賞作品が決定
進むインタラクティブな展開 デジタルサイネージのパーソナライズ化
アップル社、Facebookもニュースサービスを開始 オンライン課金モデルの既存メディアに影響も
ネットの伸長が顕著に 変わりゆく日本人とテレビの関係
7月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
6月の注目のニュースは?広告界のニュースダイジェスト
オープンソースなテレビ 表現技術の拡張が変えるもの
5年後の東京パラリンピック開催に向け日本のスポーツ文化の懐の深さを感じさせられるか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する